2005年05月08日

ゴールデンウィークの近郊旅行/印旛新川から木下街道





生子さんが本日撮影した雑草の花。マーガレットじゃないよね?コンクリートと一体化して絵のようだった。



1.JPG



 ゴールデン・ウィークの中日・・・午後二番くらいの時刻・・・僕たちはふと思い立って、印旛沼まで釣りにでかけようとした。ところが思いのほか道は渋滞しており、途中で挫折。近くの印旛新川
左をクリック!)に進路を変更した。印旛新川は印旛沼から東京湾まで開削した人口的な川である。江戸時代・・・雨量の多い時期に水位が上がった利根川から逆流した水が印旛沼に入り、洪水となって周囲の広大な田畑を水浸しにした。その被害があまりにも大きかったので、幕府は印旛沼を開削して検見川経由で江戸湾に落とすという壮大な治水工事に着手したが幾度も失敗。明治〜大正〜昭和になっても工事は成功しなかった。工事が成功してこの印旛新川が完成するのは、なんと200年以上も経った昭和44年のことなのだ。このことは僕がエセ・コピーライター時代にK重工のパンフ「大地に組した男たち」のひとつとして印旛沼に取材したときにわかったことだ。それまで印旛沼なんて興味がなかったしね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 印旛新川は僕がこちらに引っ越してから、よく「ブラックバス釣り」に行くところだ。この日も釣りが主目的ではなかったものの釣り道具は常時車に入れてあるので万が一「釣りするぞ!」って時にも対応できる。僕は釣りを趣味のひとつとした時からここら辺り(北関東周辺)にはよく来た。釣り以外にも北関東周辺の町に興味があった。佐倉周辺、土浦周辺には江戸時代からの名残が数多く残っているからだ。たとえば家の近所には木下街道、鮮魚街道(なまみち)があって、街道沿いには道祖神や石碑などの名残がある。絶好の被写体なのである。なぜ江戸時代〜江戸の名残〜釣り〜撮影って?・・・脈絡ない? けっ!そんなのどうでもいいじゃん。僕は天才だもん。生涯無名で何の記録にも残らない「未確認非行天才:UWG(Unidentified Wrongdoing Genius)」であるのだ。話の脈絡や文法やなんだかんだなんてどうでもいいこと一切まったく関係ないのだ。


  


3.JPG




 印旛新川周辺には田舎町のちょっとした商店街があったりする。雑貨屋が3店も並んでいた・・・が、この日は一店のみ開店していた。寂しい町の「多忙だった時期」の名残がある。




2.JPG




 その商店街に並行して・・・新しい道ができていた。




4.JPG




 これをまっすぐ行けば印旛沼である。


 


7.JPG




 おや? カラスノエンドウだ。この植物の名前は、ずいぶん以前に好きだった女性に教えてもらった。





9.JPG




 これはなんだろう? アスファルトを撒きながら固めていく重機かな? いずれにしても古い!いいねえ。




8.JPG


10.JPG




 ん? 重機の横にはメーカー? のプレートがある。


 


11.JPG




 お!いい名前だねえ・・・(笑)。どっかで聞いたことがある平凡な名前。




6.JPG 12.JPG13.JPG




 運転席に車体の後方・・・。


 


5.JPG




 そういえば空き地のこんな土管の中に入って遊んだなあ・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 僕たちは新川を離れて自宅に戻る・・・。途中で豪農? だった家がいくつか建ち並んでいたので車を降りて撮影会。こういったところにこそ「忘れ去られたいいもの」があるんです。




22.JPG




 たとえば、農機・・・かな。でもこれは新しい。


 


21.JPG




 これは忘れら去られたものだ。これから幾年もかけて土になるのだろう。人が土に帰るよりも遅いので、何度も楽しめる。いいなあ・・・。普通の人はこんなものには興味がないだろうけど・・・。僕は動くもの・・・役に立つものにはまったく興味がない。


 


20.JPG 24.JPG




 新しいものが多いのでがっかりした。で、立ち小便した後に自分の影(UWG-シャドウ)なんか撮ってみる。




19.JPG 17.JPG25.JPG




 お!面白い松だ!人工的なものだ。片方だけ伸ばして面白いのかな? ま、人には理解できない趣味があってこそ・・・個々の人生なのである。




23.JPG




 まあた、どっちかを選べって? 人生ってそんなものかよ?




16.JPG 15.JPG




 門構えも立派な凄い家ばかりだ。こいのぼりも豪華だね。そういえば死んだ親父の猪苗代の実家も

こんな感じだったな。田舎はどこでも同じだね。




14.JPG


26.JPG




 人間も機械もみんな朽ちてゆく・・・。朽ちたら何も残るものはない。


 


42.JPG




 木下街道沿いにある街道の街・・・。白井商店会である。ここには有名な面白いどら焼きのお菓子屋があるが、一度も食べたことがない。




38.JPG

41.JPG




 これだ!僕が千葉に移り住んできた時から撮影したかった元宿屋? の建物だ。


 


40.JPG 39.JPG


 中には広い土間があって・・・間違いない。ここは街道の宿だ。




37.JPG




 いいねえ・・・。心残りだが・・・街道を走る車がうるさいのでひきあげよう。




43.JPG




 途中で頭痛に襲われ・・・薬を飲む。生子が「水なしで薬を飲む」ことを許さないので、自販機で水を買ってもらう。ありがとう。


 


36.JPG




 千葉ニュータウンのジャスコで買い物。明日は潮干狩りだ・・・。と思っていたんだけどね。翌日はまったくやる気がなく・・・家で寝ちゃったのであった。潮干狩りにはいつ行こうかな?




44.JPG




 さて、自宅前の洗車場で始めての洗車である。車を購入して一度も洗車したことがないのだ。実は給油も一度だけしかしたことがない。車には全然乗らないのである。




50.JPG 48.JPG 47.JPG 46.JPG 45.JPG




 無事に洗車が終了すると・・・僕たちは帰宅して・・・また喧嘩しました。


posted by なべじろう at 03:23| 千葉 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | 近郊旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月04日

若いときの記録

DSC_0000.JPG

「雪の炎」というタイトルの絵です。当時はガッシュに凝っていて・・・凝っていても技量がついてこなかった・・・でも僕の好きな絵です。

情念.JPG

「情念」ってタイトル・・・深そうで・・・実は浅い。そんな絵。「雪の炎」とこれは、当時好きだった写真家の写真を見て描いたのでした。これもガッシュです。

炎.JPG

当時は自称「うつ病」で、家で乱暴狼藉を働いていた頃の絵です。全部丸ペンでこつこつとカリカリと描き続けたものです。手が痛かったなあ。君の悪い顔は僕の自画像なんです。光ってるところは失敗したのでホワイト入れてあるんです。光ってるでしょ?この絵を見ると、僕の異常さが理解できるでしょう?

俺.JPG

これも丸ペンでコリコリ描いていった自画像です。デッサン力がないから途中で止めてるんだね・・・。情けない。バックの赤と青はガッシュを塗ったんです。

街.JPG

さあて・・・当時投稿していた漫画の一部も紹介します。あとはへたくそでとても見せられない。これも恥ずかしいけど・・・まだまともな方なんですよ。これは「時の隙間に押し潰された夢」ってやつの冒頭の一コマ目。どっかの温泉街だったかな? なんかの写真見て描いたんです。丸ペンでコリコリ・・・と、これだけで2日もかかってるんですよ。

語是.JPG

同じやつの2枚目です。ゴゼを描いたものです。これも丸ペンで3日かかってます。

電ヤ1.JPG

電車が出てきます。これは別なやつ「深淵でのある状態」ってやつの数枚目です。

電ヤ2.JPG

その続きです。ストーリーは全然ない(笑)。ただ描きたいものを描いて適当に話をつなげてたんです。

最後.JPG

その次かな? ストラトキャスターのヘッドが凄くへたくそ!ま、22歳の頃だからしかたないね。

裸体.JPG

女体ですね。デッサン力がないからごちゃごちゃとつないでごまかしていますね。でもこれって・・・描いた奴は異常じゃない? 僕だけど・・・(笑)。


posted by なべじろう at 22:52| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

桜乱舞(飯田橋〜市谷〜千葉県鎌ヶ谷市)/ニコンD−70/オリンパスC−3100

飯田橋/市ヶ谷付近/オリンパスC−3100

DSC_01481.JPG

FILE0006.JPG

FILE0001.JPG

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

千葉県鎌ヶ谷市貝殻山公園付近/ニコンD−70

DSC_0006.JPG

DSC_0060.JPG

DSC_01261.JPG

DSC_01271.JPG

DSC_01281.JPG

DSC_01291.jpg

DSC_01301.JPG

DSC_01311.JPG

DSC_01341.JPG

DSC_00611.JPG

DSC_0159.JPG

DSC_0155.JPG

DSC_0135.JPG

DSC_0136.JPG

DSC_01311.JPG

DSC_01321.JPG

DSC_00611.JPG

DSC_0157.JPG

DSC_0156.JPG

DSC_0145.JPG

DSC_0145.JPG

DSC_0146.JPG

DSC_0142.JPG

DSC_0143.JPG

DSC_0161.JPG

DSC_0162.JPG

DSC_0152.JPG

DSC_0153.JPG

DSC_0150.JPG

DSC_0149.JPG







posted by なべじろう at 15:39| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 近郊旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月08日

新宿放浪/携帯電話カメラ

 新宿を歩いた。若いころ新宿に住んでいたのでここらあたりは庭のようなものだ。しかし最近は新宿をじっくりと歩いたことがなかった。桜の影が爆発している。

桜の陰.JPG

 まだ桜は八部咲きだが週末には満開を迎えて、そして今週中に散ってしまうのだろう。

桜爆発.JPG

 桜の花の命は短いのだ・・・。花に命があればだが・・・。

新宿の空.JPG

 西新宿の空が裂ける・・・飛行機雲は街の空を分断した。

字路.JPG

 ほうら、乱歩の十字路と新宿東口が見えるだろう?

新宿1.JPG

 ここは昔よく遊びに来たところだ。バカボンドはどこだ?

ビルの光.JPG

 沖雅也が飛び降りたビルが光る。「おやじ 涅槃で まってる」

バガボンとおり.JPG

 おお!あった。ここだ。バカボンドだ。ん?博愛医院?

バガボンド.JPG

卒塔婆.JPG

 新宿のビル街の一角には寺があった。卒塔婆と高層ビルは同じ意味だ。

猫.JPG

 な、そうだろう。ニャー子ちゃん・・・。

タンクトラック.JPG

 ふうん・・・古い通りだ。おじさんがタバコを補充してる。

たばこやのいれかえ.JPG

 「おばあちゃん・・・ここら辺に“ときわ荘”ってアパートがありますよね?」

たばこばあちゃん.JPG

 「唐突に・・・あんた誰だね? あたしはタバコを買うから忙しいんだよ。」

ときわそう.JPG

 「え? はいはい・・・わかりました。そんなに怒らないでくださいよ。くっそ・・・ばばあめ・・・たばこ吸いすぎて死んじまえ・・・。」「ちょっと、あんた!」あ、さっきのばばあだ。「何ですか?」「あたしが住んでいるアパートがもしかしたらあんたが探している“ときわ荘”かもしれないよ。ついてきな」「はい・・・」「ほうら、ここがあたしが住んでいるアパートだよ」「あ!そうです。ここです。これがときわ荘だ!!ありがとうございます」「さっきはごめんね。ほうらタバコをあげるよ」「え?僕吸わないんですよ」「そうだろうね。タバコを吸う人間は早死にしたい奴だけだ」「僕は長生きしたくないんですが、タバコは嫌いなんです」「そうかい?じゃあね」「もしかしたら、お婆さんは僕の母かもしれませんね」「なにを言うんだい。早く行っちまいな!」「・・・」
 
なるコザか.JPG

 あの婆さんは確実に僕の母だ・・・。そういえば面影があるじゃないか。ん?ここは僕が以前勤めていた会社のビルではないか?成子坂の小山ビルではないか?時間が錯綜している。早くここから抜け出なければ逢魔ヶ時になってしまう・・・。早く早く・・・。

靴屋のおじいちゃん.JPG

 あ!おじいさん・・・。おじいさんはもしかしたら僕の父親ではありませんか?

 「以前はそうだっかもしれないよ」「逢いたかったよ。父さん!!」

 いつの間にか桜は満開を迎えてあっという間に散った。僕は今でもこの街に取り残されたままだ・・・。
posted by なべじろう at 10:23| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

母のこと(小田急相模原)/オリンパスC−3100

 母が行きつけの町医者にエコー検査を受けたら「肝臓に腫瘍があるようなので大きな病院へ行って精密検査する必要がある」と言われたらしい。なんでもコレステロール値が異常に高いのでエコー検査を受けたのだと言う。エコー検査では肝臓に水泡のような「できもの」の影が写っていたそうだ。
 相模原国立病院を紹介されたので、ここで再度、エコー、新たにCT検査を受けた。すると今度は、すい臓にも影があるということで、追加ですい臓のMRI検査も行った。今日はそのMRI検査結果の日なのだ。
 午前中に千葉の自宅を出たが、小田急相模原までは結構時間がかかる。現地に着いたのは1時近かった。結果を聞くのは1時の約束だ。大変だ。急がなければならない。不運なことに小田急相模原駅は工事中で、駅前の商店街へは遠回りしなくてはならなかった。商店街に入るとあとはまっすぐ一本道だ。でも遠い・・・。デジタルカメラのホワイトバランスもおかしくなるくらいだ。

syoutengai.JPG

 商店街には、時間に忘れ去られたような古い商店が軒を並べている。本当は肉屋で肉を購入するおじいさんを撮影したかったのだが・・・。

syoutenn.JPG

miti.JPG

 とにかく急がなければ・・・。念のために母と一緒にいるはずの妹に携帯電話から「遅れる」とメールを送った。道は僕の吐く息れで曇って、次第にぼやけていく。

byouinn.JPG

 病院だ!ここは元陸軍病院だったところだ。暗くて・・・たくさんの霊が浮遊している。

kaikei.JPG

 内科に着いたら母がいた。「世津子がお前に電話しに行った」と言う。世津子と言うのは僕の妹のことだ。駅前で「遅れる」とメールしたのが届いたのだろう。検査の結果はまだ出ていないと言う。検査結果を報告しなければならない医者が昼食に行ったきり帰ってこないというのだ。大病院なのに・・・なんということだ!!でもよかった。とりあえずは間に合ったのだ。
 戻ってきた妹が「私の代わりに医師からの話を聞いてくれ」と言うので、結果を妹の代わりに聞いた。でも医師が戻ってきたのは一時間後だった。

 医師は女性で僕たちが入ってきても書類から顔を上げようとしない。そのまま「すい臓から出ている胆汁を運ぶ“すい管”に水泡ができているが、悪いものではないような気がする」と人のことを見ないで話すので、僕は少し腹が立った。意地悪い声で僕が「すい管の水泡はがんの心配は無いのか?細胞を取って検査しなくてもいいのか」と聞くと「うちではできない。大学病院でやってもらうしかないが、今は、その必要が無いと思う」と言う。今度はこちらを向いて話すので少し安心した。「コレステロール値が高いのは肝臓が肝硬変に至る“原発性なんとか肝硬変”の可能性がある」と言う。「原発性というのはがんの場合によく聞く言葉だが、がんではないのか」と聞くと、「原発性というのはどこが元なのか不明な場合に使う言葉であって、がんなどではない」と言う。ついでに「原発性なんとか肝硬変」について説明も聞いたが忘れてしまった。

asi inu.JPG

 とりあえずは心配が無いのだ。6月まで経過を見るということでその日は終わった。すぐに東京の会社まで戻らなければならない。タクシーに乗り込むとき後ろ足が1本しかない犬を連れてある行く老人がいたのでカメラを向けたが、慌てていたのでご覧のようにブレた写真となった。
posted by なべじろう at 01:22| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月03日

船橋放浪2/ニコンD−70

 さあ、早く目的地に行かねば・・・。お、古い食堂!残念、永遠に閉まってるんだ。

38.JPG

 早くしないと陽が沈む・・・。ん? 左の建物の入り口に何かがいるぞ。

37.JPG

 なんだ・・・お前は? この家の飼い猫かい?

36.JPG

 ははは・・・。変な顔で見るなよ。

35.JPG

28.JPG

 この家はどうだ?

27.JPG

 違う。

26.JPG

25.JPG

 また海老川か・・・。あっちは海だ。

24.JPG

 すいません。おばあさんたち。太宰治の住んでいた場所はどこですか?

23.JPG

 知らない? ご存じない・・・。あ、そうですか。

20.JPG

 おい、お前は知らないか?

22.JPG

 わ、昔の匂い・・・。ここは昔かみさんが義母と一緒に生保の営業に来たところだ。

21.JPG

 人のよさそうな店のおじいさんに聞く。

18.JPG

 「太宰の家はどちらですか?」「ああ、太宰なら一時住んでいたことがある。この先のオーロラっていう洋服屋の路地を曲がるんだ」「オーロラ?」「オーロラの路地に入ったら、その先にもっと細い路地がある。太宰なら一時そこに住んでいたことがあった・・・」

19.JPG

 オーロラ・・・。これは米屋だ・・・あった!オーロラだ。ここも閉まってる。

17.JPG

16.JPG

 この先の細い路地・・・。たくさんあってわからない。僕は何度も同じ路地で迷った。しかたなく、また新聞屋で聞いた。「太宰の家? もうひとつ先の路地を曲がって10メートルくらい先に碑があるよ」「ありがとうございます・・・さっき、通った路地じゃないか?」

15.JPG

 あった!これだ。ここが太宰が住んでいた場所だ。確かに碑がある・・・。

14.JPG

 太宰さん・・・青森以来ですね。お久しぶりです。

7.JPG

 太宰さんの旧居前にこんなに普通の家があるんだ。君、太宰さんの家の前で幸せだろう?

111.JPG

 それでは太宰さん、また来ます。おうまたね・・・。ってここはさっき通ったところじゃないか?それに一度、かみさんとも来たことがある。太宰さんも人が悪い。声ぐらいかけてくれりゃいいのに・・・。

666.JPG

 船橋の夕暮れ近く・・・逢魔ヶ時・・・。さ、早く帰ろう。美空ひばりも生き返るかも・・・。

888.JPG

DSC_0042.JPG

 もうすぐ陽が暮れる・・・。早く早く・・・。

DSC_0031.JPG

 ここは原民喜が船橋中学に通った道だ・・・。

DSC_0026.JPG

DSC_0010.JPG

 夕暮れの光が道路に反射してギラギラ光っている・・・。

DSC_0009.JPG

 おじいさん、おばあさん・・・葬儀屋さんが呼んでいますね。早く帰りましょう。
posted by なべじろう at 20:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

船橋放浪/ニコンD−70

 突然、船橋に行きたくなった。どうしても気になることがあるからだ。僕は、とうとう我慢できなくなって家を出て駅に向かった。

DSC_0000.JPG

 船橋までは近い。あっという間に船橋駅に着く。船橋駅から海老川方面に歩いて行く。編物教室なんて昭和30年代に迷い込んだようだ。

52.JPG

 ほら、道端で子供たちが遊ぶ。こんな光景を見なくなっただろう?

53.JPG

51.JPG

 ガード下の風景はもう昭和だった。ガード下には路上生活者が寝そべっている。

49.JPG

48.JPG

50.JPG

 おじさん・・・大丈夫かい?

47.JPG

45.JPG

46.JPG

 ガード下を出ると、おばあちゃんが買い物の帰り。迷惑駐車はやめようね。

44.JPG

 海老川だ!目的地はもうすぐだ。

43.JPG

 橋の欄干のこりゃなんだ?

42.JPG

 彼が住んでいたのはこの辺りだろうか?この古い家が怪しいが・・・。

41.JPG

 違った!!人間は正直に生きなくてはならない・・・。教訓がマンションの看板に掲げてある。

40.JPG

39.JPG

 おや? また路地に迷い込んだぞ。

34.JPG

 と思ったらまた川だぞ・・・。

33.JPG

 しかも、もう4時だ。急がなければ・・・。

32.JPG

29.JPG

 さざんかさっちゃんと福太郎・・・ってなんだ?

30.JPG

31.jpg

 お!ボランティアの船・・・横山隆一、馬場のぼる、藤子不二雄(A)、田河水泡にちばてつや、手塚治虫・・・。漫画家ばっかりだな。さっきのさざんかさっちゃんと福太郎といい・・・このレリーフや銅像たちは一体なんなんだ?

posted by なべじろう at 18:54| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月02日

人形町〜甘酒横丁〜水天宮前は一体化/携帯電話カメラ

人形町.JPG

 昨日は朝一で人形町の広告代理店へ。総武線・浅草橋から浅草線乗り換え。秋葉原で日比谷線乗換えでもOKだったが・・・。人形町には大好きな甘酒横丁がある。水天宮前も近い。甘酒横丁の古い喫茶店。いいねえ。

甘さ家.JPG

 蔵状の建物に強い光が当たって、その前を通る人のコントラストが面白かった。

光と影.JPG

 朝の光の方がきれいな写真が撮れるようだ。ま、携帯電話カメラだからこんなもんだが、きっちりと撮れば結構いい写真が撮れるかも知れない。今度はD−70持ってきてきっちりと撮ろう。

不老.JPG

 古い街中を古紙回収のおじさんが行く。後ろから見ると、リヤカーを引っ張るおじさんが見えない。まるで人のいない通りに止まっているかのよう・・・。おじさんの悲しい人生を思うとなんだかやりきれない。余計なお世話だよね、おじさん。おじさんは結構楽しいかもね。あ、そうそう、僕ももうおじさんなんでしたね。

町並み.JPG

町並み2.JPG

 
うーん・・・古い街並みだねえ。真ん中にあるのは旅館だよ!!泊まりたいな。隣は宴会・カラオケ「Pubなんとか」の下に“うなぎ”って・・・何なの?

複雑.JPG

 昔は次から次へと建物を付け足していくからこんなに複雑な“妙な建物”ができちゃうんだね。

イタリア.JPG

 かと思うと、こんなところにイタリアレストランがあったりする。下町の古い街並みにうまく溶け込んでいる。

たばこ.JPG

 「中央区は路上喫煙禁止」なのに、堂々とタバコをふかしながら歩くおばちゃんがいた。こんなのが愛煙家の敵なのだ。愛煙家は「たばこ吸う人間は」みな仲間だと思ってるが、決まりを守らない奴が皆の足を引っ張るのだ。ま、「決まりを守らない=反逆」だと思い込んでる輩が多いのから困る。そんな奴らは「たばこ吸うと死刑」って決まれば、即止めちゃうの。なんの主張も思想も反逆もありゃしないの。ただのチンケなインチキ野郎なだけ。真の反逆ってのは「世の中の役に立てないように意味なく死ぬ」ことだぜ。生きてりゃ人殺しでもしない限り「人に役に立っちゃう」んだからな。人殺しも役に立つことあるしねって、帰社するのであった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 会社からの帰り、かみさんが途中まで迎えに来た。しかし・・・面白い顔だ。僕はこれからも、こいつだけのために生きなきゃならない。こいつにはそれだけ迷惑をかけましたからね。

しょこ3.JPG

しょこ.JPG

しょこ2.JPG

 ただいまあ・・・。
posted by なべじろう at 15:07| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月31日

秋葉原「六文そば」の紅しょうが天ぷら

6mon.JPG

 秋葉原の神田明神寄りの裏通りに「六文そば」って立ち食いそば屋さんがあります。ここの紅しょうがの天ぷらは絶品です。なぜって? そのまんま紅しょうがを揚げたものだからです。紅しょうがを天ぷらにするって発想が誰かにありますか? これをあったかいそばにトッピングしてごらんなさいませ。最初は「意外にいける」って食っちゃうけど、そのうちに紅しょうがを大量に食べている気になって胸焼けしてくる・・・。ううう辛い。けど、いつも品切れ状態だから・・・好きな人が結構いるんだろうな。
posted by なべじろう at 22:17| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月30日

池袋から大塚までのノスタルジア/携帯電話カメラ

NEC_0000.jpg

 今日は朝から大変です。昨日の夜に食いすぎておなかの調子が悪いのです。
 今日の目的地は東池袋です。K市から船橋、船橋〜錦糸町〜飯田橋〜東池袋と電車を乗り継ぎます。午前10時に有楽町線の東池袋駅に着きました。ここからサンシャインシティの中をつっきって大塚方面に向います。しかし、まだおなかが痛いのでサンシャインのトイレに入りました。途中下車でなくて途中下痢です。

 あまり臭いので花粉症のマスクを装着してみました。

 池袋は思い出深い街です。池袋駅に隣接するSデパート。ここは僕が24歳になって生まれて初めて就職したところです。その2年後にはデパートを辞めて、北大塚(池袋は近い)にあったレース鳩雑誌の編集部に入ります。その後、新宿、目黒と職を転々と変えて、3年後には再び池袋に戻ってきます。サンシャインシティの中の婚礼写真屋さんに就職したのです。しかし、ここも3ヶ月で辞めてしまいました。

 おっと、そんな話は「なべじろうの小屋」で書くことにして・・・。

 東池袋の客先を11時に出て、会社に戻ります。今日は少し足を伸ばして丸の内線の新大塚駅まで歩きました。駅までは結構遠いですよ。ようし・・・遠いついでに以前勤めていた「レース鳩雑誌」の編集部があった北大塚に行っちゃいましょう。

NEC_0004.JPG

 以前、お世話になったカメラのコーエーさんだ。まだ営業しているんだ。

NEC_0014.JPG

 僕は公園にある子供の遊具が大好き。

NEC_0018.JPG

 都会の空き地って何故か悲しいんだよね。歩いていると面白いものを目撃してしまう。

NEC_0019.JPG

 ほら、もう北大塚だ。懐かしい空蝉橋だ。

1.JPG

 この坂を降りていけばレース鳩雑誌編集部だ。
 
2.JPG

 僕は二叉路とか三叉路とかが大好き。道を選べって言われてるみたいでさ。

3.JPG


4.JPG

 おお!あった!まだあった!このビルの上に大きな鳩舎があって、その下が編集部だった。看板もある・・・さあて、そろそろ大塚駅前でホープ軒のラーメンでも食おう。

5.JPG

6.JPG

 僕はここで飛び降り自殺者の死体を見ました。血は出ていなかったけど、死んでいました。あなたたち、こんなとこで死体を見ながら昼食ですか?

7.JPG
 
 懐かしい駅前通り。全然変わっていない。ミニスカートのエロイねえちゃんたちが目につく。お勤めに出かける時間?あ、そうか。大塚は昼間の方が凄いんだよ。

8.JPG

 27歳で筆卸してもらった宝石屋さんのトルコ風呂があったところだ。

9.JPG

 大塚は何も変わっていない。昭和30年代の街みたいだ。時間が止まってるんだ。

10.JPG

 だって、都電が走る街だものね。古くて当たり前かもしれない。

11.JPG

 新大塚方面も変化なし。気分だけは20代に戻っちゃう・・・。

12.JPG


 でも・・・取り残された街って感じもする。


 さあて・・・感傷に浸っていないで急いで会社に戻ろう。
 
posted by なべじろう at 20:18| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。