2005年07月18日

印旛沼〜成田〜東金〜茂原〜土気〜印旛沼へ

さつまや朝.JPG

印旛新駅.JPG

ニュータウン.JPG

オレめし.JPG

オレめし2.JPG

ひめはるしょうこ.JPG

ひめはるのオレ.JPG

ひめはる蓮.JPG

ひめはる駐ヤ場.JPG

ひめはる横.JPG

ひめはる全景.JPG

ひめはる看板.JPG

汚染されたひめはる.JPG

ひめはる生子撮影犬.JPG

ひめはる幽霊なべ.JPG

ひめはる植物.JPG




走行中生子撮影.JPG

生子撮影の雲.JPG

印旛新川猫1.JPG

印旛新川猫2.JPG

印旛新川猫3.JPG

印旛新川猫4.JPG

印旛新川猫5.JPG

印旛新川猫6.JPG

印旛新川キャスト2.JPG

印旛新川猫6.JPG

印旛新川シルエット1.JPG

印旛新川シルエット2.JPG

逆行生子.JPG

印旛新川逆光.JPG

ジョモ1.JPG

ジョモ2.JPG

ジョモ3.JPG

さつまや夜.JPG

スープカリー.JPG

ドラ焼きでかい.JPG

ドラ焼きを割る.JPG



posted by なべじろう at 15:11| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 近郊旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月31日

2005年05月27日

曽根崎心中/お初天神縁結びのお守り/ニコンD−70

東京.JPG


 


 とりあえず写真だけ載っけておきます・・・。東京発8時20分。


 

東京発.JPG




 発射(笑)??オーラーーーイ!

  


丹沢.JPG




 丹沢だ!よく釣りに行ったなあ・・・。


 

富士.JPG




 富士山は雲に隠れて見えない。富士山のいじわるう・・・。


 

行きの僕.JPG




 禿げ上がった天才自写!


 

新大阪着.JPG




 あっという間に新大阪着。


 


大阪着2.JPG




 さあて・・・ここ(新幹線と在来線のつなぎ目改札)で30分後に上海君とクライアントM氏との待ち合わせ。


  

新大阪内.JPG


 

大阪でパート.JPG


 


 大阪から北新地〜福島〜本町へ。この3人はクライアントM氏と仲間たち。



三島さんたち.JPG




 んん・・・8年ぶりだと大阪も変わってるネエ・・・。


  

変貌する大阪.jpg




 取材終了後に帰りの時間までそこらへんを散歩。梅田花月から曽根崎へ・・・。


 


梅田か月.JPG




 昔はここら辺のビジネスホテルにも宿泊して四苦八苦したことがある。


 

曽根崎の店.JPG


 


曽根崎奥の市場.jpg




 市場のおじさん、ご苦労さん!


 

お初天神.JPG




 こんな像あったっけ?ぞうでしょう?


 

お初天神2.JPG


 


お初天神全景.JPG


 


お初天神3.JPG




 ついでにおまいり。生子ちゃんの病気が治るようにと縁結びの神でもなんでもおまいりすることにしてます。お賽銭は・・・余った300円くらいをジャラジャラと投入。神様よろしく。


 

お初天神5.JPG


 


お初天神4.JPG


 


お初天神の犬.JPG




 天神横の飲み屋街入り口ではチョコのラブラドールが飲み屋の女性たちにじゃれついている。


 


お初天神飲み屋街.jpg




 なんかいいねえ・・・飲めればいいんだけど。飲めないの。


 

駐ヤ場.JPG


 

ずぼらや.jpg




 さあて・・・そろそろ帰るか?


 

曽根崎奥の仏壇や.JPG




 ん? 年老いたカップル。仲良いですね。しばらく着いていくと・・・。


 

曽根崎奥.JPG




 曽根崎の奥の方に歩いて行く・・・。いいねえ。夫婦とはこうありたいもんだね。


 


大阪でパート.JPG




 大阪駅前の宝くじ売り場・・・盛況!!


 

大阪.JPG


 


大阪駅前.JPG


 


大阪駅前の人.JPG




 大阪は人がいっぱいいる。ミニスカート率も高いね(笑)。


 


時刻版.JPG 




 のぞみ88号17時10分発。


 


ビーフジャーキー.JPG




 8年前と同じで・・・和風ビーフジャーキーとチータラを買う。飲めないのにね。


 

大阪出発!.JPG




 発射オーライ!発車!!


 


空いている.JPG




 ご覧の通りガラすき。よかった。人嫌いだからさ。


 


雲.JPG




 ん? なんか雲行きが怪しい・・・。  


 

京都だ!.JPG




 あ!京都だ!


 


京都東寺.JPG




 京都は大好きで大阪よりも来ています。今日は残念!


 

京都もや.JPG




 山肌から蒸気が・・・。


 


関が原.JPG


 


名古屋の光.JPG




 名古屋やけに光る夕焼け。不気味。観覧車が夕日に光る。


 

名古屋駅の観覧ヤ.JPG


 

名古屋付近の雲.JPG


 

明暗.JPG




 お!明暗が分かれた。


 


浜松.JPG




 浜松・・・。ちょっと悲しい思い出がある。だって女の子だもん・・・。


 


静岡の月0.JPG




 赤い月。


 


月と売り子.JPG




 車窓に映る車内販売のおねえさんと月。


 

新横浜.JPG




 新横浜。雨だ!


 


雨が.JPG


 


ャ留.JPG




 これって汐留だよ。やっと着いた!


 

東京着!.JPG




 ふう・・・こっからが疲れるよな・・・。


 


東京駅降りる.JPG


 


 疲れる足を引きずって帰ってみれば・・・あら? 生子ちゃん!迎えに来てくれたのね!



まつしょうこ.JPG 




 しかし・・・ひどい雨だネエ・・・。

 


お守り袋.jpg




 生子ちゃん・・・これは君の妹へのお土産だ。曽根崎のお初天神で買ったのよ。1000円でした。


 


お守り.jpg


posted by なべじろう at 20:19| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 近郊旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

雷雨の神田祭-2/ニコンD−70

DSC_0108.JPG


 


  雨があがったぞおお・・・!路面が光る。




  ビル街に青空が広がっていく・・・。


DSC_0099.JPGDSC_0129.JPG


DSC_0102.JPG


 


 ふぇー・・・ひでえ雨だったなあ。


  


z.JPG


 


 おまわりさんもご苦労様!!


 


DSC_0184.JPG  


 


 鍛治町で・・・また神輿だ!3台も来た!!


  


DSC_0138.JPG 


 


 またかよ・・・わっしょい!わっしょい!わっしょい!


 


DSC_0185.JPG


 


 あ、可愛い奥さん・・・。お子さん・・・可愛いですネエ・・・。僕、なべじろうと申します。あ、こちらは家内です。いひひひひひひひひ・・・。よろしくうううう・・・。


    


DSC_0186.JPG 


 


 うーん・・・かわいいねえ。参った!逆行でごめんね。


 


DSC_0135.JPG


 


 わっしょい!わっしょい!わっしょい!わっしょい!


 


DSC_0203.JPG


DSC_0190.JPG


  


 わっしょい!わっしょい!わっしょい!わっしょい・・・。ん? 生子ちゃん・・・はぐれたあ。


  


DSC_0187.JPGDSC_0205.JPG


 


 わっしょい!わっしょい!わっしょい!わっしょい!わっしょい!わっしょい!


 


DSC_0214.JPG 


 


 あ!女神輿だ!ばんざい!!おいら・・・こっち撮るぞおお!! 


 


DSC_0229.JPGDSC_0224.JPG


 


 わっしょい!わっしょい・・・。お!誰か引っ張ると思ったら・・・生子ちゃん!5分ぶりだねえ。


  


DSC_0270.JPG


DSC_0267.JPG


 


 わっしょい!わっしょい!わっしょい!わっしょい!わっしょい!わっしょい!


 


DSC_0268.JPG DSC_0271.JPG


 


 わっしょい!わっしょい!わっしょい!わっしょい!わっしょい!わっしょいって・・・飽きたあ・・・。


 


DSC_0269.JPG DSC_0213.JPG


 


 神輿が通り過ぎた後・・・ふうとため息をつくと・・・路面に青空が・・・。


  


DSC_0208.JPG


 


さあ・・・帰ろう帰ろう・・・。新日本橋から総武快速に乗って帰ろう。 


  


DSC_0134.JPG DSC_0131.JPG DSC_0133.JPGDSC_0132.JPG


 


 ふう・・・疲れたネエ・・・。みんな、ご苦労様!!


 


 船橋に着くと・・・。疲労爆発!!今日はめんどくさいから外食だ!寿司だ!!


 




 

 ちょっとだけ贅沢して・・・K市に帰る。 


 夕闇の中・・・こうもりが飛ぶ月夜の梨畑・・・。


 


DSC_0272.JPG DSC_0273.JPG


 


 こうもりが低空飛行・・・こちらに向かってくる。ストロボばしゃっ!


 


DSC_0274.JPG


 


 うひゃあ・・・向かってくる。真ん中のブーメラン状のものがこうもり。羽を広げて低空飛行。


  


DSC_0275.JPG


 


 不気味な空に三日月が青白く光る・・・。


posted by なべじろう at 00:19| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近郊旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雷雨の神田祭/ニコンD−70

 一昨日、神田祭の下調べをしてきたので・・・今日は生子を連れて神田祭の見物に出かけた。


 昼過ぎに千葉の自宅を出発して、新日本橋から歩いて神田駅〜鍛治町〜小川町〜神保町〜小川町〜鍛治町〜新日本橋と歩いた。生子は大変だが・・・リハビリと思えばいいのだ。運動しなくちゃね。




 新日本橋周辺の裏通りを何気なく覗くと・・・野良猫が4匹じっとしていた。面白いから写真を撮った・・・。だが、大変なことに気がついていなかったのだ。


 


い.jpg


 


 オートで撮っているのに、なんでこんなにオーバーになるんだ? ってカメラをきちんと確認しなかったのが大きな誤りだったのだ。ホワイトバランスでもない・・・実に不思議だった。


 


う.JPG え.JPG お.JPG か.JPG き.JPG く.JPG


け.JPG


 


 なんでこんなにオーバーなんだろう??? 気がつくまでまだまだ先・・・。


 


さ.JPG




こ.JPG し.JPG す.JPG


せ.JPG


そ.JPG


た.JPG ち.JPG て.JPG


 


 小川町交差点近くまで来たら・・・子供神輿が見えたので・・・走った!!走った!生子を置いてけぼりにしてね・・・。ごめんなさい・・・。しかし・・・俺は走って子供神輿を撮りたいのだ!!だだだだだだだだ・・・。はあはあはあはあはあはあはあ・・・。くく・・・苦しい。息が切れたあ・・・。


   


つ.JPG


 


 わっしょい!はあはあ・・・来たぞ・・・。ばたばたばたばた・・・。ん?誰か走ってくる・・・うひゃあ・・・君まで走ったのか? 生子ちゃん!「だって・・・はぐれちゃうと思ったんだもん」って。そうね。ごめん。あ、来たぞ!


  


に.JPG


 


 ん?子供たちがベビーカーを押してくるぞ・・・。


  


ぬ.JPG ね.JPG


 


 わっしょい!わっしょい!わっしょい!・・・。


 


の.JPG は.JPG ひ.JPG へ.JPG


 


 わっしょい!わっしょい!わっしょい!


  


ほ.JPG


 


 わっしょい!わっしょい!わっしょい!わっしょい!


 


ま.JPG


 


 子供神輿を見送って小川町に移動すると・・・にわか雨。どうせすぐにやむだろうと思ったら違った。しかたなく東映アニメーション学園の軒先で雨宿り。雨が小降りになったので用心して傘買って移動。


   


み.JPG


 


 小川町交差点で雨宿りするおじいちゃんと孫を発見!


 「すいません・・・写真撮らせてください」って言ったら「いいですよ」って言うので撮影。ううん・・・自信作って思って・・・モニター見たら・・・あ! ダイアルがマニュアルになったまま!!うひょーー!!参った!こりゃソフトでセピアやモノクロにしなきゃごまかせないぞ!!トホホ。


 


む.JPG め.JPG


 


 ええい!このままじゃ、悔しいから生子ちゃん撮ってきて!!って撮ってきたら・・・あいつ俺よりうまい!さすが、天才の妻だ!がんばれよ!!Vサインまでしてて・・・いいね。でも子供の表情は俺の方がよかった。悔しいなあ。己の未熟さを恨むのであった・・・。


 


も.JPG


 


 そのとき・・・いきなりにわか雨・・・というか大雷雨!!ゴロゴロゴロ・・・。バリバリーン!!


 


や.JPG


 


 逃げろ逃げろ逃げろっ!!


 


いぃ.JPG


 


 しかし・・・雷雨の中、大人の神輿が来たぞ!大丈夫か?


 


いぇ.JPG ゆ.JPG DSC_0040.JPG


 


 うひゃー!びしょ濡れだ!!


 


DSC_0041.JPG


 


 でへへへ・・・写すなよ・・・。


 


DSC_0042.JPG


 


 全力ダッシュだ!助けてくれ!!


 


DSC_0043.JPG


 


 わっしょい!


 


DSC_0044.JPG


 


 わっしょい!


 


DSC_0045.JPG


 


 わっしょい!


  


DSC_0046.JPG


 


 ぎょえー!寒い・・・。


 


DSC_0047.JPG DSC_0048.JPG DSC_0049.JPG


 


 わっしょい!わっしょい!


 


150.JPG


 


 わっしょい!わっしょい!


 


DSC_0040.JPGaw.JPG 


  


 わっしょい!わっしょい!わっしょいしょい!わっしょい!わっしょい!


   


n.JPGa.JPGm.JPG


l.JPG


at.JPG


 


 わっしょい!わっしょい!わっしょい!


  


ay.JPG 


 


 ビニールシートに雨が溜まって・・・。


 


at.JPG


 


 ジャーーーーー!って・・・(笑)。


 


au.JPG


 


 あ!生子ちゃん!!携帯電話で撮影してる場合ではない。雷だよ!!


 

ah.JPG


 


 しかたなく・・・僕たちは地下鉄小川町駅の地下に退避した・・・。


 

は.JPG


  


 ふぇー・・・。危なかったねえ。ここで10分雨宿りした後、鍛治町に向かった。




posted by なべじろう at 00:18| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近郊旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月14日

雑誌付録のピンホールカメラで撮影する

カメラ雑誌カメラ付録.JPG


 


 「Phat photo」(左をクリック!)なる雑誌を書店で見かけたので「ん?」って感じで手にとって見る。おお!ピンホールカメラ付・・・付録にピンホール・カメラが付いているのね。組み立て式? なんだ自分で作るのか? めんどいなあ・・・。紙製だから、どうせすぐに壊れちゃうんだろうなって思ったけど安かったから買っちゃった。んで、帰宅したらすぐに作り始めちゃった。散らかしてぐしゃぐしゃにして・・・夢中になって組み立てる。うちのかみさん凄く怒ってる。かまってやらないと機嫌悪くなるのよね・・・。そして・・・2時間ほど後に・・・。


 


かめら.JPG


 


 できたのがこのカメラだ!ボール紙製だけど結構丈夫に設計されている!僕はいいかげんな接着剤使ったから強度は不安なのだが・・・。早く撮ってみたい!上に伸びているのがシャッタータブ。これを上下させて真ん中のピンホールから露光させるのです。上部左右のダイヤル状のものは、フイルム巻上げと巻き戻しノブです。ボール紙製でピンホールなんだけど・・・35ミリフィルムを使用するの。凄いでしょ!


 


1.JPG


 


 この日はゴールデンウィークの中日・・・金曜日。朝から大手町へ営業なので、その帰りに撮影してみようと決め、接着剤も安定した手作りカメラをかばんに入れる。営業終了で・・・会社まで歩いて帰ることに・・・。大手町〜神田〜秋葉原というルートです。さあ、撮影・・・うーん・・・曇ってる。チョイ不安。まず大手町の町並みをパシャリ!といってもシャッター代わりの紙タブを数秒上下させる完全手動シャッター。ファインダーはないからそれも目測でやんす。面白いね。こういうアナログアナクロカメラって。


  


2.JPG


 


 まずは・・・将門の首塚から・・・。こんなとこ撮影して祟られないの? 大丈夫。おいら代々陰陽道を極めたいんちき祈祷師だからよ。あら!いわんこっちゃない・・・首写っとるじゃん!平気平気・・・そう見えるだけ。将門様・・・これからもよろしくお願いいたします。下の写真は携帯電話カメラで同時に撮影したものです。


 


3.JPG


 


 いいねえ・・・。曇ってるし・・・雰囲気ある。僕はよくここに来るんですよ。神田明神にもよく行きます。かみさんの「乳がん祓い」ではお世話になりました。


 


4.JPG


  


 将門様に別れを告げて・・・神田へ。歩道で待つ人々を後ろから撮影。カメラは自分の感覚で胸辺りに構えてシャッターを上げ下げしました。2秒くらいの露光かな?


  


5.JPG


 


 神田のオフィス街。お昼だから人がいっぱいいる。今日は休みじゃない人も結構いるんだね? でも雰囲気あるなあ・・・。こんな風に撮れるとは思ってなかった。ピンボケだけど本当に雰囲気ある。それにこんなに広角なんだね。これは・・・もう一冊買わないとな。


 


6.JPG


 


 派手な看板だねえ・・・。こうこなくちゃ。色があるとポイントになるな。


 


7.JPG


 


 撮影するなら、色がいっぱいある中華街なんかがいいな。うん。


 


8.JPG


 


 色がないところを写すと・・・くすんで見える。しかし広いなあ。何ミリぐらいかな?


 


9.JPG


 


 何かの職人の家らしい前にあひるが放し飼い・・・。かわいい奴。まんなかの白いのがそうです。後で携帯写真で紹介します。はい。下の写真がそのあひるです。




10.JPG


 


 神田の裏通り・・・。結構いい構図なんだけど・・・。これで見ると、そんなでもないな。携帯電話カメラで同時に撮影したのが下の写真です。


 




 


 小川町の楽器屋。欲しいのがいっぱいあって・・・うーんリンダ困っちゃう(笑)。


 



 


 


 小川町のビジネスホテル。かみさんが乳がん手術した日に僕はここに泊まった。


 


2.JPG


 


 小川町の裏通り・・・。ここら辺は被写体としていい建物がたくさんある。結構遠回りして帰社してる(笑)。でも交通費かかんないからね。


 


12.JPG


 


 ついに秋葉原に到着!ほんとに広角だなあ・・・。下が携帯電話カメラで撮影したものです。


 


13.JPG




 


 秋葉原昌平橋から見た神田川。欄干に固定したのに・・・縦にぶれるなあ?でもなんか格好いい。


posted by なべじろう at 23:37| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | 近郊旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幻想秋葉原

DSC_0000.JPG


 


 秋葉原は変貌する・・・。僕の記憶もなくなっていくんだな。こっち側はかみさんが手術した病院の方だ。かみさんは今でもここを通って病院通いだ。


 


DSC_0024.JPG




DSC_0026.JPG


 


 こうやって古い街は押し潰されていくんだな。


 


DSC_0028.JPG


 


 西新宿のような高層ビル街にナルノダ・・・。ん? 君は誰だ?


 


DSC_0029.JPG


 


 ソレハ ボクガ シッテイルニャ・・・・・・・・・・・・・・・。秋葉原にはもう100年もスンデイルカラニャ。


 


DSC_0030.JPG



 オイオイ・・・オレナンカ200ネンイキテルゼ。ヒタイノキズデワカルダロウ?ヨッコラセット・・・。ボクハクルマニヒカレタシタイノヨウナネコダ。



DSC_0031.JPG DSC_0033.JPG




DSC_0034.JPG


 


 古紙回収の街だった裏通りも侵食され始めている。ずらりと並んだリアカーが寂しそう。


 


DSC_0036.JPG


 


 こちらはアルミ缶回収のおじさんたち・・・と若いサラリーマン。おじさんたちは幸せだった時を夢見る。


  


DSC_0046.JPG


DSC_0037.JPG


 


 御徒町へ・・・。


 


DSC_0042.JPG


 


 やはり、ここは西新宿っぽいな。かっこいいのと寂しいのと・・・どっちとる?


 


DSC_0041.JPG


 


 御徒町の裏通りから末広町に戻る。少し行き過ぎたね。


 


DSC_0047.JPG


 


 なんだここは? 袋小路ばっかしだ。


 


DSC_0049.JPG


DSC_0050.JPG


 


 早く、会社に戻らなくちゃね。


 


DSC_0052.JPG


posted by なべじろう at 23:24| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 近郊旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月08日

ゴールデンウィークの近郊旅行/印旛新川から木下街道





生子さんが本日撮影した雑草の花。マーガレットじゃないよね?コンクリートと一体化して絵のようだった。



1.JPG



 ゴールデン・ウィークの中日・・・午後二番くらいの時刻・・・僕たちはふと思い立って、印旛沼まで釣りにでかけようとした。ところが思いのほか道は渋滞しており、途中で挫折。近くの印旛新川
左をクリック!)に進路を変更した。印旛新川は印旛沼から東京湾まで開削した人口的な川である。江戸時代・・・雨量の多い時期に水位が上がった利根川から逆流した水が印旛沼に入り、洪水となって周囲の広大な田畑を水浸しにした。その被害があまりにも大きかったので、幕府は印旛沼を開削して検見川経由で江戸湾に落とすという壮大な治水工事に着手したが幾度も失敗。明治〜大正〜昭和になっても工事は成功しなかった。工事が成功してこの印旛新川が完成するのは、なんと200年以上も経った昭和44年のことなのだ。このことは僕がエセ・コピーライター時代にK重工のパンフ「大地に組した男たち」のひとつとして印旛沼に取材したときにわかったことだ。それまで印旛沼なんて興味がなかったしね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 印旛新川は僕がこちらに引っ越してから、よく「ブラックバス釣り」に行くところだ。この日も釣りが主目的ではなかったものの釣り道具は常時車に入れてあるので万が一「釣りするぞ!」って時にも対応できる。僕は釣りを趣味のひとつとした時からここら辺り(北関東周辺)にはよく来た。釣り以外にも北関東周辺の町に興味があった。佐倉周辺、土浦周辺には江戸時代からの名残が数多く残っているからだ。たとえば家の近所には木下街道、鮮魚街道(なまみち)があって、街道沿いには道祖神や石碑などの名残がある。絶好の被写体なのである。なぜ江戸時代〜江戸の名残〜釣り〜撮影って?・・・脈絡ない? けっ!そんなのどうでもいいじゃん。僕は天才だもん。生涯無名で何の記録にも残らない「未確認非行天才:UWG(Unidentified Wrongdoing Genius)」であるのだ。話の脈絡や文法やなんだかんだなんてどうでもいいこと一切まったく関係ないのだ。


  


3.JPG




 印旛新川周辺には田舎町のちょっとした商店街があったりする。雑貨屋が3店も並んでいた・・・が、この日は一店のみ開店していた。寂しい町の「多忙だった時期」の名残がある。




2.JPG




 その商店街に並行して・・・新しい道ができていた。




4.JPG




 これをまっすぐ行けば印旛沼である。


 


7.JPG




 おや? カラスノエンドウだ。この植物の名前は、ずいぶん以前に好きだった女性に教えてもらった。





9.JPG




 これはなんだろう? アスファルトを撒きながら固めていく重機かな? いずれにしても古い!いいねえ。




8.JPG


10.JPG




 ん? 重機の横にはメーカー? のプレートがある。


 


11.JPG




 お!いい名前だねえ・・・(笑)。どっかで聞いたことがある平凡な名前。




6.JPG 12.JPG13.JPG




 運転席に車体の後方・・・。


 


5.JPG




 そういえば空き地のこんな土管の中に入って遊んだなあ・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 僕たちは新川を離れて自宅に戻る・・・。途中で豪農? だった家がいくつか建ち並んでいたので車を降りて撮影会。こういったところにこそ「忘れ去られたいいもの」があるんです。




22.JPG




 たとえば、農機・・・かな。でもこれは新しい。


 


21.JPG




 これは忘れら去られたものだ。これから幾年もかけて土になるのだろう。人が土に帰るよりも遅いので、何度も楽しめる。いいなあ・・・。普通の人はこんなものには興味がないだろうけど・・・。僕は動くもの・・・役に立つものにはまったく興味がない。


 


20.JPG 24.JPG




 新しいものが多いのでがっかりした。で、立ち小便した後に自分の影(UWG-シャドウ)なんか撮ってみる。




19.JPG 17.JPG25.JPG




 お!面白い松だ!人工的なものだ。片方だけ伸ばして面白いのかな? ま、人には理解できない趣味があってこそ・・・個々の人生なのである。




23.JPG




 まあた、どっちかを選べって? 人生ってそんなものかよ?




16.JPG 15.JPG




 門構えも立派な凄い家ばかりだ。こいのぼりも豪華だね。そういえば死んだ親父の猪苗代の実家も

こんな感じだったな。田舎はどこでも同じだね。




14.JPG


26.JPG




 人間も機械もみんな朽ちてゆく・・・。朽ちたら何も残るものはない。


 


42.JPG




 木下街道沿いにある街道の街・・・。白井商店会である。ここには有名な面白いどら焼きのお菓子屋があるが、一度も食べたことがない。




38.JPG

41.JPG




 これだ!僕が千葉に移り住んできた時から撮影したかった元宿屋? の建物だ。


 


40.JPG 39.JPG


 中には広い土間があって・・・間違いない。ここは街道の宿だ。




37.JPG




 いいねえ・・・。心残りだが・・・街道を走る車がうるさいのでひきあげよう。




43.JPG




 途中で頭痛に襲われ・・・薬を飲む。生子が「水なしで薬を飲む」ことを許さないので、自販機で水を買ってもらう。ありがとう。


 


36.JPG




 千葉ニュータウンのジャスコで買い物。明日は潮干狩りだ・・・。と思っていたんだけどね。翌日はまったくやる気がなく・・・家で寝ちゃったのであった。潮干狩りにはいつ行こうかな?




44.JPG




 さて、自宅前の洗車場で始めての洗車である。車を購入して一度も洗車したことがないのだ。実は給油も一度だけしかしたことがない。車には全然乗らないのである。




50.JPG 48.JPG 47.JPG 46.JPG 45.JPG




 無事に洗車が終了すると・・・僕たちは帰宅して・・・また喧嘩しました。


posted by なべじろう at 03:23| 千葉 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | 近郊旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

桜乱舞(飯田橋〜市谷〜千葉県鎌ヶ谷市)/ニコンD−70/オリンパスC−3100

飯田橋/市ヶ谷付近/オリンパスC−3100

DSC_01481.JPG

FILE0006.JPG

FILE0001.JPG

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

千葉県鎌ヶ谷市貝殻山公園付近/ニコンD−70

DSC_0006.JPG

DSC_0060.JPG

DSC_01261.JPG

DSC_01271.JPG

DSC_01281.JPG

DSC_01291.jpg

DSC_01301.JPG

DSC_01311.JPG

DSC_01341.JPG

DSC_00611.JPG

DSC_0159.JPG

DSC_0155.JPG

DSC_0135.JPG

DSC_0136.JPG

DSC_01311.JPG

DSC_01321.JPG

DSC_00611.JPG

DSC_0157.JPG

DSC_0156.JPG

DSC_0145.JPG

DSC_0145.JPG

DSC_0146.JPG

DSC_0142.JPG

DSC_0143.JPG

DSC_0161.JPG

DSC_0162.JPG

DSC_0152.JPG

DSC_0153.JPG

DSC_0150.JPG

DSC_0149.JPG







posted by なべじろう at 15:39| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 近郊旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

街道の町「千葉県K市M町にて」/ニコンD−70

DSC_0071.JPG 

 近所へ出かける。今日からこの近郊旅行ブログを始めるためだ。1回目は「わが町K市M町」である。千葉県K市は近年再開発が進んでいる。これは誰の意思によるものなのか? 生まれてから一度も選挙に行ったことがない僕にはまったくわからない。否、別にわからなくても構わないが、僕は「再開発してくれ」とは頼んでいない。とすると、K市民の多くの意思によるものなのだろう。でも再開発=便利とは限らない。大抵が「かっこうだけの不便」なものになるに決まっている。
 さて、わが町である。まずは、デジタルカメラを準備して出かける。今日は天気がいい。明日は雨だそうだ。明日は朝一で横浜まで出かけなくてはならないので晴れてくれたほうがいいのだが・・・。近所は再開発の一環で「新たな住宅街」ができつつある。ここに引っ越してきた時は雑草が生い茂った「広大な荒地」だったところがきれいな住宅地になろうとしているのだ。

 自己破産して今のボロアパートに引っ越してきた身が辛い。近くにこんな新しい家が立ち並んでいるのに、いまだに自分はボロアパートから引っ越すこともできないからだ。
 アパートを出て坂道を下る。新しい住宅街は、この谷底だった場所にある。昔は時計メーカーの建物があった場所らしい。途中の公園に入ってみる。子供の遊び道具が結構あるのに誰一人遊んでいない。

DSC_0051.JPG
 
 公園のブランコの鉄柱に油性マジックで書かれた落書きを見つけた。昔の幼稚な落書きと内容が大きく違う落書きを見て、ため息が出た。

DSC_0052.JPG

 ふと見ると犬がいる。首に赤いスカーフを巻いた雑種の犬だ。しかもいまどき放し飼いである。カメラを向けるとじっとこちらを見ている。鼻面にはひげしか生えていない犬が多いのに、こいつは鼻面いっぱいにひげというか毛が生えている。

DSC_0050.JPG

 僕が歩き出すと、すれちがった犬も僕とは逆方向に歩きながら、たまに振り返って僕を見ている。しばらく歩くと、今度は山鳩がいた。近くまで寄ってもびくともしない。逃げりゃいいのに・・・。神社とか寺とか駅や公園にいる堂鳩が人懐こいのはわかるが、近頃は野鳩までもが人懐こいのだろうか? 

DSC_0057.JPG

 この辺一体は谷底で荒地だったと書いた。ここから見ると山の上に僕のアパートが見える。山? 大げさであれば丘でもいいが・・・道路脇に落ちた腐った木に生えた大きなサルノコシカケが、この周辺がちょっとした山であったことを証明している。

DSC_0059.JPG

 しばらく進むと、いつか見た風景が目の前に広がった。僕は少し驚いた。僕がここに引っ越してきた6年前も、ここに立って「その風景」を撮影した。しかし、目の前の風景は「その風景」とは大きく違うのだ。

DSC_0055.JPG
現在の風景

 当時は、道の行き止まりになったその先は荒地。様々な雑草に覆われて何も見えなかったのに、今は新興住宅地である。

DSC0023.JPG
6年前の風景

 隔世の感とまではいかないが、6年前と何も変わらない自分がなんだか悲しくなる。さあ、戻ろう。本当に短時間の旅だ? こういうのも旅と言うのだろうか? 来た道を逆戻りしていく。新興住宅地にはなぜかペットがたくさんいる。こういうところに住むと、いきなりペットを飼ったり、大型車に凝ってみたり、エセ・アウトドアマンになってみたり、鬱屈した生活を嘘でも解放したいというのが通常の人間の心理らしい。僕もマンションを購入した時はそうだったかもしれない。病気になってしまったかみさんが、今住んでいるアパートの狭さに辟易して「広いところに引っ越して犬を飼いたい」と言うが、これは今後、絶対にあり得ないだろう。

 あ、ラブラドールだ。住人のおとっつあんが3匹も連れている。羨ましい。うち一匹が小さなバックを銜えている。すれ違いざま愛嬌のある目で僕を見る。お、今度は柴犬だ。また口に何か銜えている。今度はバトミントンの羽らしい。こいつもすれ違いざま僕をじっと見る。かわいらしい・・・。羨ましい。

DSC_0054.JPG

 坂を登る。老人たちが坂の途中でおしゃべりしてる。長生きできてよかったね。

DSC_0053.JPG

 しばらく行くと、とり残された古い家。どんな人が住んでいるのだろう?

DSC_0063.JPG

 懐かしい風景のいくつかが残る町。

DSC_0065.JPG

 ここも大きく変わった場所だ。古いアパート「平和荘」(奇しくも僕が群馬県で下宿していたアパートも同じ名前だった)は、今はレオパレス21である。きれいな外人のお姐さんが住んでいるのだ。
 
DSC_0066.JPG
現在の風景

FILE0008.JPG
数年前の風景

 僕の住む町「街道の町」。この道は昔ここにあった時計メーカーにちなんで「●●舎通り」と呼ばれている。抜け道のひとつだ。道沿いに大きな桜の木が3本あり、もうすぐ桜が咲き乱れる。

DSC_0067.JPG

 そこに残る懐かしい風景・・・。

DSC_0068.JPG

 もうすぐ桜が咲くぞ。

FILE0017.JPG

posted by なべじろう at 16:59| 千葉 | Comment(2) | TrackBack(0) | 近郊旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。