2005年08月28日

妖怪大戦争を見に行く

D1000013.JPG

D1000014.JPG

D1000016.JPG

FILE0000.JPG

FILE0002.JPG

FILE0002.JPG

FILE00105.JPG

FILE00108.JPG

FILE01002.JPG

FILE01004.JPG

FILE7003.JPG

FILE10006.JPG

FILE10007.JPG
posted by なべじろう at 22:54| 千葉 ☁| Comment(19) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福岡行−1

子供6.JPG

朝2.JPG

初日の夜.JPG

初日の夜.JPG

子供5.JPG

子供4.JPG

子供3.JPG

子供2.JPG

子供1.JPG

DSC_0037.JPG

DSC_0028.JPG

DSC_0025.JPG

DSC_0020.JPG

DSC_0019.JPG

DSC_0015.JPG

DSC_0003.JPG

DSC_0007.JPG

DSC_0012.JPG

DSC_0013.JPG

DSC_0014.JPG

DSC_0003.JPG

posted by なべじろう at 16:05| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

2005年07月31日

蛍1.JPG

蛍3.JPG

posted by なべじろう at 22:22| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

猫町紀行/今週食ったものと猫

55カレー.JPG

 松井のファンが経営する「55カレー」生卵をトッピング。松井とかスポーツとかには、まるで興味なし。

うなぎ弁当.JPG

うなぎ.JPG
 
 登亭のうなぎ弁当と中身。漬物も吸い物も付属しているが、肝はなし。

しょうが焼き.JPG
 
 湯島の一見しゃれた喫茶店の「しょうが焼きランチ」。

猫1.JPG
 
 本日の朝の蒲田の猫。

猫2.JPG
 
 本日、神田で見かけた猫。出てこいよおおっ!
posted by なべじろう at 23:19| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

じゃんがら&幸楽園

じゃんがら.JPG
posted by なべじろう at 22:50| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジンギスカンを食す!!!

モンゴル前傾.JPG

モンゴル看板.JPG

モンゴル全体.JPG

モンゴル脂.JPG

モンゴル野菜.JPG

モンゴルロース.JPG

モンゴル足肉.JPG

ラーメンり筵でる.JPG

モンゴルお茶を注ぐ.JPG

晶子とラーメン.JPG

晶子とラーメン.JPG

 今回は私・・・なべじろうの奥様である生子が書きます。アメブロが調子悪いのでこちらで書いたものをあちらへコピーします。よろしくです!

 私(生子)・・・来る8月13日には47歳になりますが・・・今日、生まれて初めて食べたものがあります。それは最近話題になっているものです・・・さて、何でしょう? 即答!ジンギスカンです!うちの近所に(といっても車で15分) 「ヤマダ・モンゴル」  って北海道のジンギスカン屋さんが開店したので、旦那と一緒に「食しに」出かけたのです。

 私は「羊の肉は臭い」って言われてて、「食わず嫌い」だったのですが、旦那が何でも食べるのが好きな奴なので半強制的に連行されたのでした。現地に到着すると・・・店に窓がないのか看板だけがわずかに明るくて・・・外観は暗い・・・んです。下は・・・ここもできたばっかりの「100円ショップ キャンドウ」があります。ここも生鮮食品も安く(100円じゃないけどね)売っています。

 あんまり暗いので・・・やっているかどうか不安のまま・・・入店。お!結構内部も暗いけど・・・人が一杯いる。案内されて・・・テーブルに。すると旦那がニヤニヤしています。なんでだろう? と思うと、可愛い女の子が説明しに来ていたんです・・・馬鹿だねえ・・・。その子はなかなか可愛い・・・目がでかくて・・・アイドルタレントっぽい(本当に)子でね。悔しいけど可愛いの。その子が「いらっしゃいませ!本日はご来店ありがとうございます」旦那はニコニコして・・・「ほんじゃ・・・ジンギスカンセットもらおうかな?」「はい。おいくつですか?」「しゃぶしゃぶと一緒に注文できるの?」「お鍋が違いますので、始めにどちらかを食べていただいてから、お鍋を取替えてなら大丈夫ですけど・・・」「めんどくさいから、やっぱジンギスカンセット2人前で良いや・・・あ、ライスはいらないよ」「セットですから同じ値段ですが・・・」「オッケー!オレ、Gacktと同じで炭水化物食わねえんだ」え? 面白くない奴・・・。「わかりました。ありがとうございます!」

 女の子が去っても旦那は余韻にひたってまだニヤニヤしてる。本当に馬鹿だね。リアル馬鹿。しばらくするとヘルメットみたいな鍋が火にかけられ・・・野菜とお肉のお皿を女の子が持ってきました。

 「お鍋にこの白い脂を乗せて・・・全体を塗ってください。それから野菜を乗せて焼いてください。野菜がしんんなりしたらお鍋の周りに寄せて・・・お肉を乗せて焼いてください。お肉は多少赤身が残っていた方が美味しいですよ」ってアドリブがきかないようなマニュアル通りに説明します。そのしぐさが可愛いので・・・旦那はニコニコして「はいはい。そうだよね」とか「へえええ・・・そうなんだ。わかったよ。はいはい」とか馬鹿丸出し。

 それはともかく野菜を焼きます。ジュウウウウウ!って音がしてバチバチと水滴が顔めがけて飛んできます。「ぎひゃああ!あちゅい!」って思わず赤ちゃん言葉で表現しちゃいます。で・・・肉を焼きます。するとまたジュウウウウ!って熱い肉汁が今度は旦那の顔めがけて飛んできます。「ぎゃああああっ!あちゅーーーーい!」って夫婦揃って馬鹿丸出し。

 しばらくするとモクモクと肉を焼く白い煙が・・・。すると可愛い子が飛んできて・・・旦那はニヤニヤしてて・・・「始めに野菜をもっと乗せて焼いてください。野菜の水分が煙を抑えるはずですから・・・火も弱めますね」って可愛い子がニコニコしながら言うと・・・「あ、悪いねえ・・・そうなんだ。ごめんね。いっひひひひひひひ・・・」って植木等みたいな笑い方で・・・こいつ下品。「え?げーひんかん?」って私は無視。

 生まれて初めて食べる羊の肉は「やっぱ臭い!」顔をしかめると・・・旦那はニヤニヤして「ほい、もっと食え!」ってばかばか肉を私の取り皿に乗っけていきます。「うひょおお・・・臭い臭い臭い!」って言ってると・・・焼いた野菜と微妙に混ざり合ってうまみも出てきました。

 また可愛い子が来ました。「お肉は赤身が残っている方が美味しいんですよ!」ってニコニコ・・・旦那はまたニヤニヤして「あ、そうだよね。ほれ生子・・・これがいいよ」ってまだ赤い生身の肉を食えって・・・。あたしはお肉はしっかり焼かないと食べれないんですが・・・しかたない・・・って食べてみると・・・うん。なかなか美味い。今度は臭くない・・・けど口の周りは妙な脂でギトギトしてきました。羊の脂なんでしょうがそれが臭いんです。旦那を見ると馬鹿だからバカバカ食べている。凄い!追加でロースとフットだかレッグだか足の肉らしいものを注文しています。デブの癖に・・・大丈夫かね?

 羊の肉脂には「L−カルニチン」という脂肪を燃焼させるための成分が多く含まれており、しかも羊の肉は脂が溶ける融点が44度と高いので(人間の体温はそこまで高くないので・・・脂が体内に溶けずに・・・)排出されちゃうんですって。ちなみに豚肉は28度、鶏肉は30度、牛肉は40度なんです。だから・・・融点が低い豚肉を食べると・・・体内で脂が溶けて吸収されて太っちゃう。羊肉は・・・コレステロール値も魚並みだし、コレステロールを減少させる「不飽和脂肪酸」ってのが豊富で・・・動脈硬化や血栓ができるのを抑える作用もあるんですって!さらに・・・鉄分、ビタミンB1、B2、Dってのも豊富なんですよ。驚き!でもやっぱり臭いから・・・結構食べたけど・・・残った大半は旦那が食べました。

 凄いのは・・・お肉を食べた後にお水が入った鍋を火にかけて・・・ラーメンを作るんです。お肉を食べたタレが残った取り皿に・・・なんと、ほうじ茶を注ぎ込み・・・これを混ぜたお汁で茹で上がった麺を食べるんです。これが美味い!これだけでも・・・幸せな気分。

 私達は満足して・・・家路を急ぎました・・・のでした。
posted by なべじろう at 00:48| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

イベントの帰りにうなぎを食う!またかよ?

NEC_0000.JPG

 今日はイベントで最新本を売っており、思いのほか売れていて、ほんで暑い中、汗だくで20冊(重いよ)本の補充に来たのだ。

213.JPG
 
 おお!補充した本が瞬く間に売れていく・・・。素晴らしい。それにしても・・・腹減ったから・・・京橋まで行ってうなぎ食おう。明治屋の近くに「登亭」があったはずだ。登亭に行く途中に「うなぎの神田川」の看板が見えた。秋葉原の分店かな? 地下だったので今回はやめて初期目標通りに登亭へ・・・。

unagi.JPG

 登亭ってのはポピュラーだけど・・・泥臭くなくて柔らかいから結構好き。大衆の舌だかんね・・・おいらは。で・・・京橋明治屋でワインとチーズを見て(見るだけ)から赤坂見附で丸の内線に乗り換えて西新宿のクライアントへ向かいます。
 
dhisukuunion.JPG
 
 途中、新宿三丁目で降りて・・・ディスクユニオンのプログレッシブ館で美狂乱のCD2枚を購入。

diskunion.JPG

 ここには・・・なかなか来ないんだ。プログレ好きだけど・・・ここはポイント付かないからね・・・。以前は国内盤だけ付いてたんだけど・・・ま、デジタルになってCD売れなくなったし、そんなときにポイントで商品交換されたら儲からないんだろうね。

higasinakano1.JPG
 
 西新宿からちょっと歩いて大江戸線で東中野へ。ここから総武線で1本。寝てりゃ帰れるのだ。東中野は昔長く住んでいた町です。従妹と同棲していたのもここです。生子の母親がインチキ気孔師にだまされたのもこの町です。因果な町だ。

higasinakano2.JPG

 僕が東中野から出てから・・・こんな映画館ができてましたね。一回も入ったことない。

higasinakano3.JPG
 
 僕が昔住んでいた落合方面を眺める・・・。さあ思い出に浸ってないで帰ろう。ゴー・ホーム・・・。

asi.JPG

 総武線に飛び込んで・・・。

tobikomi.JPG
 
 はい・・・一巻の終わり・・・って妄想を見た。
posted by なべじろう at 01:16| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

うなぎを食え!

 7月6日のこと・・・。

うなぎ きくかわ.JPG

 僕はうなぎが大好き!今日は仕事で疲れてヘロヘロなので・・・うなぎを食うのだ!神田の「きくかわ」でうなぎを食うのだ!この写真がきくかわ外観だ!がんばって一番安いうな重(2620円也)を注文。もっと安いうな丼があるが、あたしゃやっぱしうな重だ。最近は一階を「禁煙席」にしたらしい。いいことだ。ケムケム我慢できない老人ガキのニコチン野郎達は二階の喫煙席に行けばいいのだ。大体食事中にタバコ吸ってる感覚がわからん。お前ら、味わからんだろうが・・・。

 お、きたきた。ありゃ?隣のか? うわでっけえ!3000円を超える中くらいのうな重だ。竹? ちゃうちゃう・・・ここは「イ」「ロ」「ハ」ってレベル分けしてるんダッタッケカナ?忘れた。男はそんな細かいことは気にしないのだ。きくかわはご飯の量が多いのに・・・隣は大盛りにしやがってる。ここら辺の高利金貸しのお兄ちゃん達みたいだ。やっと来た来たおいらの2620円!携帯電話で撮影・・・。ようし!ありゃ?容量不足だ!ガッデム!ほんじゃ以前の写真を削除だ。よいしょっと・・・。
 
領収書.JPG
 
 食い終わって・・・写真を確認する。ん??ん??ない!ナッシング!写真がナッシング!さっき削除した写真は「撮影したばかりのうなぎ」の写真だったのだ!しかし・・・この写真のレシートが食った証拠だっぺ。しっかし・・・馬鹿だなあ・・・。

カンダの路地裏.JPG
 
 神田の路地裏。こないだ生子と神田祭撮影したあたりだ。生子とはあいつの「乳がん手術退院祝い」でここら辺の蕎麦屋さん「松屋」でごまそば食ったのだった。おまけにフルーツパーラー万惣のホットケーキもね。神田は思いで深い町なのである。大好きである。

*前日 7月5日のこと。

 月曜は僕の前立腺検査結果発表と生子の定期検査。御茶ノ水と秋葉原を行き来して・・・疲れてしまったのだ。
 
クリーニング1.JPG

 で、この日は、帰りに船橋で生子と待ち合わせて夕飯を食うのだ。その前に生子が見つけた船橋の自動クリーニング店に行くのだ。ここは・・・昼間は人がいるけど・・・夜は無人の自動受付機になるのだ。こうやってカードをリーダーに通すと・・・。

クリーニング2.JPG

 がちゃこんと機械が動き出して・・・おお、内部に吊るされているクリーニング完成品がぐるぐる回っているぞ。

クリーニング3.JPG
 
 しばらくすると・・・完成品が出てきた。しかし・・・生子は河童みたいな顔してる(笑)。
 
オムレツカレ.JPG
 
 クリーニングを受け取るとTデパートの上の「新宿中村屋」のカレーを食ったのだ。生子は写真のオムカレー。

中村屋のカレ.JPG

 あたいは中村屋の代表的なカレーを食いたいところだが、チキンの骨から肉をこそぎ落としながら食べるのが面倒なので、いつもビーフカレーです。 

中村屋のビフカレ.JPG

 チャイ? ロイヤルミルクティー? ま、なんでもいいけど食後に飲んで帰宅します。

chrey.JPG
 
 帰宅して・・・Coopに頼んでいた「不ぞろい佐藤錦」を一杯食べた・・・。そして下痢したのであった。

赤羽橋.JPG
 
 今日も疲れた。赤羽橋で見た霧雨に煙る東京タワーをふと思い出しました。
posted by なべじろう at 19:35| 千葉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

新小岩の家電通り/ニコンD−70

 生子の父親が都内に墓を建てた。生子の母親が亡くなってから3年になるが、まだ墓がない。生まれ故郷の九州・福岡に仮の墓があるものの、それは父親の実家(墓)に間借りしているようなもので、それでは魂がうかばれないだろうと父親は多少無理して都内に墓を建てたのだった。建てた場所は新小岩からバスで10分の松本というところ
(左をクリック!印が付いてるところからさらに離れてますけど・・・)だ。で、生子の父親から電話があって「墓の写真を撮ってほしい」と言われたので・・・土曜日に出かけたのだ。




 行きは総武快速で新小岩まで出て、そこからタクシーに乗った。帰り道は、歩いて下町の風景を撮ろうと考えていたので、タクシーの車窓から迷わないように目印になるものを観察した。車窓から見える景色はまるで昭和30年代だ。道は広いし、建物の高さも低いからだ。高層ビルなど一切ないので空気も爽やかだった。反面、目印になるものがあまりない。だから交差点の角にある建物とか道標を目印にすることにした。しかし・・・迷わないという自信はないな。




 しかし・・・結構遠い・・・。帰りは歩くつもりだが、生子の体力は大丈夫だろうか?ってちょっと考えたが、ま、健康のために歩きもいいだろうって自分で自分を納得させた。生子はひどい男と結婚したものだ((笑)。 やっとタクシーが墓近くに着くと、墓を建てた霊園を探した。霊園には一度しか来た事がないのでうろ覚えだったのだ。でも・・・すぐに発見した。だって、霊園って必ず緑に囲まれているもんでしょ?


 




 


 墓の写真をひとしきり撮ったあと・・・「帰りは歩いて行くぞ」って生子に言うと「いいよ」って言うので僕たちは新小岩の駅に向かって歩き始めた。しかし・・・高い建物がないと目印になるものがないので迷うものだ。




 見ると・・・ひとりのおじいさんがとぼとぼと歩いている。僕は追跡した。交差点で自転車に乗る若い女性とおじいさんが交差した。僕はそこに運命を感じた。


  


小岩のおじいさん2.JPG


小岩のおじいさん2.JPG 小岩のおじいさん3.JPG


 


 さようならおとうさん・・・。おじいさんの背中は4年前に死んだ僕の父親のようだった。長生きしてね。




 お!今度は日傘をさした和服の女性だ!いいねえ・・・。またまた追跡した。女性をじっとバス停の時刻表に見入っている。顔がまったく見えないので・・・白昼夢のようでもあり少し不気味だった。


 


バス停のおばさん2.JPG バス停のおばさん3.JPG バス停のおばさん4.JPG


 

 陸の孤島・・・の八百屋の前で記念写真・・・。

  

八百屋としょうこ.JPG


空き地.JPG


 


 空き地に捨てられた子供用の自動車と後方に干された布団に運命を感じた。


  


三叉路.JPG 


   


 僕は交差点や角が好きだ。運命の選択はいずれかひとつなのだ。


  


昭和の町?としょうこ.JPG


昭和の町?2.JPG


 


 それにしても・・・軒の低い建物が連続する。昭和30年代・・・しかも僕の田舎の風景だ。もしかしたら町なんか都会と下町のいずれかしかなくて、それを神が使いまわしているような気もする。そう考えると通り過ぎる人々も何かわざとらしい気がしてくる。


 


歩道の犬.JPG


 

  たとえば・・・この人間4人と犬一匹も・・・装飾品のような気がする。お!自転車少年だ!撮らせて散らせて!いやだよおおおお・・・!


   


ゥ転ヤ小僧1.JPG ゥ転ヤ小僧2.JPG ゥ転ヤ小僧3.JPG ゥ転ヤ小僧4.JPG ゥ転ヤ小僧5.JPG


 


 って颯爽と逃亡。清清しいぜ少年!




 気がつくと目の前に古い建物。表面の板ががうろこ状に打ち付けられていて・・・不気味だ。誰も住んでいないのだろうが・・・二階の窓が開いている。嫌な気を感じて早めに退散した。このブログを見られる数少ない不幸な方も・・・あまりこの写真を見ないほうがいい。


  


不気味な家1.JPG


不気味な家2.JPG


  


 しかし・・・隣に住んでいる人に何か悪い影響はないのだろうか?これは本物の呪怨のようだね。


 


 マンションと古い家.JPG


 


  お!初の高層!マンションか?その前にある長屋状の家と洗濯物に惹かれて1枚。ん?生子ちゃんは・・・?え?「いい匂いがする」って? あ、子供が集まっている。焼き鳥やだ!そういえば・・・お腹減ったねえ・・・。


  


焼きとりやにたむろ.JPG


 


 自転車壮年が・・・走り去る。


  


ゥ転ヤの店.JPG


 

 古い家屋の庭に咲いていた花。


  


花.JPG 光と影.JPG


 


 うーん・・・やっぱし、古さに目がいっちゃうねえ。


  


親水公園入り口.JPG


 


 お!生子ちゃん!親水公園の健康道だ。生子ちゃん、ここをつっきっていくと、知っている電気屋さんがあるんだ。那須電気だよ!行こう行こう!


  


親水公園せせらぎ.JPG


 


 おお・・・都会の中に人工的だけど・・・せせらぎがあるね。空気もきれいだ。


 


せせらぎとしょうこ.JPG


 


 でも、生子ちゃん・・・ここから2キロぐらい歩くよ。大丈夫?




 「あ、鳥!」




 おお!野鳥・なんて鳥だ? 水浴びしてる・・・かわいいねえ。


 


鳥1.JPG


  


 バシャバシャバシャ・・・。と水浴びするのだ。


   


鳥2.JPG

鳥3.JPG 鳥4.JPG


  


 しかし・・・生子ちゃん・・・天才の僕のおかげで芸術感覚が研ぎ澄まされてきたねえ・・・。以下に生子ちゃんの作品を3点展示。


  


しょうこの作品2.JPG ランプの家.JPG 証拠の作品.JPG


 


 いかし・・・空気がきれいだネエ・・・。こんなとこで日がなベンチで居眠りしたいね。わざわざ山ん中に行くこともないね・・・。ま、釣りはできないけどね。


  


グリーンスリーブス.JPG


  


 いや・・・釣りはできるよ。お!ザリガニ釣りか?盛況だネエ・・・。  


    


ざりがにとり2.JPG 


ざりがにとり3.JPG


 


 お!やっと出た。猫ちゃん。可愛いネエ・・・。


  


猫町.JPG


  


 あら?逃げちゃった。追跡すると・・・お、もう一匹(写真後方)。あら? それより・・・別なマルチーズ部隊が来たぞ!  


   


マルチーズ2.JPG


 


 ドドドドドドド・・・。


    


マルチーズがやってくる1.JPG


 


 ドドドドドドド・・・。


 


マルチーズ3.JPG


 


 ドドドドドドド・・・。


 


マルチーズ4.JPG


 


 ドドドドドドド・・・。うひゃああ!かわいいねえ。ピンボケになっちゃった。ごめんね。


  


マルチーズ5.JPG


   


 別なマルチも来たぞ!  


   


ざりがにとり.JPG


 


 変な顔の犬もいる。


  


変な顔の犬.JPG


 


 お!滝もある!嘘みたい!記念写真だ!


  


滝としょうこ.JPG 滝としょうこ2.JPG


 


 またザリガニ釣りだ・・・。ここなら溺れる心配もないからいいね。


  


ざりがにとる2.JPG ざりがにとる1.JPG


 


 こういうベンチが沢山あって、おまけにトイレも沢山ある。考えて作ってるんだねえ。


 


 あら? 生子ちゃん。変な格好だネエ。ベンチに鳥の糞があるの? いいじゃん。


 


ベンチに座れない1.JPG ベンチに座れない2.JPG


 


 さあて・・・もう1時間半ぐらい歩いてるね。そろそろ出口だよ。疲れたでしょ?


 


ざりがにとる4.JPG ざりがにとる5.JPG


水中すべり台.JPG


 


 那須電気横から新小岩駅に向かう。ここは船掘街道かな?  


   


小岩の通り1.JPG 小岩の通り2.JPG 小岩の商店街1.JPG


 


 街道の横にはいくつか商店街があった。そのうちまた撮影に来るぞ。


  


歩いてきたとおり.JPG


 


 街道沿いのペットショップ・コジマでトイレを借りて・・・駅に向かう。駅の歩道橋から歩いてきた方向を省みる。ふう・・・よく歩いたネエ。全部で2時間くらい歩いたね。本当に大丈夫かい? 生子ちゃん。 


 


新小岩駅前.JPG


 


 ここから再度バスに乗って西葛西に向かう・・・。でも、また那須電気前を通るの。そう、歩いてきた道を逆戻りするの。仏花を買わなくちゃならないので駅前に戻らざるおえなかったのだ。花屋ってあまりないのね。


  


小岩商店街.JPG




 新小岩商店街・・・いいねえ。いろいろな店があって、便利。安いし。ほんとうにここは東京かい? っても新小岩って千葉のようなもんだけどね。


  


バス1.JPG 当たりくじ.JPG


 


 バスで船堀経由で西葛西へ。そういえば船堀にもお客さんがいたなあ。ビデオのヘッド屋さんだったな。家電君・・・そうだよな? 途中、宝くじが当たると評判の宝くじ屋の前を通過。今度買おう。




 西葛西の写真屋で今日撮った墓の写真プリント依頼してから生子の実家へ。「お母さん・・・もうすぐお墓にはいれるよ・・・」プリントを生子の父親に渡して引き上げ。夜の西葛西の街は物騒なんだよね。


   


葛西飲み屋.JPG 葛西夜景.JPG


   


  西葛西の駅前から月を撮る。あら? D−70は夜景に強いのね?


   


アンガールズ.JPG


  


 ジャンカジャンカ・・・って船橋駅の看板を撮る。 


   


鎌ヶ谷の広告.JPG


 


 やっとK市に到着!疲れたああ・・・。ん?目撃した人が痴漢なのか? 


posted by なべじろう at 01:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

湯島聖堂の昼から御成門の夜/携帯電話カメラ

sa2.JPG


 


 この間の成人病検診で「尿にたんぱくが出た」というので再検査ということになった。今日がその検査日なのだ。朝一番で尿を採り、それを指定の醤油さしみたいな容器に詰めた。




 今日は仕事で新宿に出なくてはならないので・・・新宿からの帰社途中で御茶ノ水の病院に寄ることにした。ところが仕事の帰り道・・・水道橋を過ぎた辺りであることに気がついた。Fという同僚が今日で退社するのだが、彼の送別会も今日だったのだ。ところが僕が諸々の事情があって送別会には出られないので、Fには何か“餞別”をと思っていたのだったがついつい・・・忘れていたのだった。




 そこで秋葉原まで足を伸ばしてヤマギワソフトでCDを買って彼に贈ることにした。この間出たばかりのジョン・ボーナムの新譜がいいだろうと思って棚を見たら、輸入盤と国内盤の2種類があった。迷わず両方買った。もちろん1枚は自分の分だ。CDを買って駅まで戻るのも嫌なので(近いのだが・・・)そのまま御茶ノ水まで歩くことにした。ホテル寿楽の坂を上って日立製作所の方向から御茶ノ水に向かった。




 御茶ノ水の病院に着くと大勢の男女が検査室に座っていた。彼らの会社は今日が成人病検診の日らしい。僕はよそ者のようにおずおずと受付窓口に採取した尿を差出し、「これはどうすればいいんですか?」と受付のお兄ちゃんに聞いた。すると「あそこの窓口に出してください」と言うので窓口に“採取した尿”と検査票を出した。しばらくして・・・看護婦が僕の尿を持ってきて・・・「これはまだいいから持っていてください」と言う。大勢の女性もいるのに透明なビニール容器でむき出しになった僕の朝一の尿を・・・なんてことするんだろう?




 「下の階に行ってこの紙コップに尿を入れて、朝の尿と一緒に窓口にお出しください。15分くらいで結果が出ますから、尿を採ったらまたここに戻ってきてください」と看護婦。朝一の尿だけでなく病院でも尿を採ると言われていたので、おしっこしたくても、ここまで我慢してきたのだ。おおっと・・・出ちゃう。尿を提出してもとの場所に戻っていると、検査着を着た若い女性たちが大勢やってきた。さっきの成人病検診の女性たちだ。検査着を着たその下は・・・きゃあ!パンツ一丁!うひょおおお!・・・ってあほか?




 「ワタナベさーん・・・」って「呼ばれたので診療室に入ると・・・50歳ぐらいのオヤジ医師が待っていた。「この間の成人病検診で尿にたんぱくが出たんですね? うん?朝の尿も先ほどの尿もたんぱくは出ていませんね。ま、疲れていたり、風邪をひいていたり、ごみが入ったりするとプラスと出る場合があるんですよ。ま、心配ないでしょ」・・・ふう。よかった。しっかし、いっつもこれだよ。結局何もないんだから・・・。仮病だと思われちゃうんだよ・・・ふう・・・。

 


sa3.JPG


 


 あまりにも早く終わったので、会社に帰る途中・・・湯島聖堂に寄ってみる。よく前を通るが一度も入ったことはない。15年も同じ会社にいるのにね。昼なお暗い陰鬱な林の中・・・聖堂は香港映画の決闘場所のようで・・・本当に映画のセットみたいだ。


  


sa4.JPG


 


 絵馬がたくさん掛けられていた・・・。ここには、これだけの人生があるってことだ。


  


sa5.JPG sa6.JPG


 


 ほうら・・・アベック(古いね)が拝んでる。がんばれよ!


  


sa7.JPG


  


 おお!葵の紋!徳川家だ!湯島聖堂から神田明神に寄る。生子の守り神であり、この間の神田祭のお礼を言うのだ。明神前の揚げ饅頭屋で揚げ饅頭12個を買った。生子へのお土産だ。あまった2個はフランソワ・マッキー・ジュテームとフルカワニワフ・ショスタコビッチ・マリーアへのお土産だ。あ、そのうち恩人であるアイさんにも、そのうち・・・うなぎでも奢らないと・・・いけないな。待っててね。 


   


sa8.JPG


 


 リニューアル神田明神・・・恵比寿様のわけのわからないオブジェ。


  


sa9.JPG


 


 一度会社に戻って、竹内タカイリキと御成門のクライアントへ・・・。終了後、リキと別れて僕は大門へ。途中・・・よくここら辺にきた時に昼飯を食べる中国薬膳料理屋さんだ!御成門のここは最高にうまいよ!


 


sa10.JPG


 


 大門から都営浅草線に乗って・・・そのまま北総線へ。新鎌ヶ谷のホームから夕焼けが見えた。


  


sa11.JPG


 


 以前、生子が撮影した近所に咲く花。はあ・・・月曜日は朝から大阪に出張だ。


   


sa12.JPG


posted by なべじろう at 19:25| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

西新宿:成子坂神社近くの靴屋/ニコンD−70

新宿1.JPG


 


 西新宿・・・仕事の帰りに寄り道。以前、目をつけていた「再開発によって消えつつある裏通り」に向かった。そこには味のある靴屋の親仁が佇んでいるからだ。


 


くつや1.jpg


 


 おやっさん、こんちわ!


  


くつや2.JPG くつや3.JPG


 


 おう・・・またお前か? しつこいな・・・。何度も人を写しに来るんじゃねえよ!ま、しかたねえな。撮らせてやるよ。これでまた遺影が増えるってもんだ。しかし・・・タバコはいけないよ。そんなに吸っちゃあ・・・身体に毒だよ。そこに「身体の都合によりしばらく休みます」って書いてあるじゃないの!


  


くつや4.JPG くつや5.JPG


 


 あのな・・・好きなものをやめたら・・・あっという間に死んじゃうの。俺はまだ死にたくないからね(笑う)。


  


くつや6.JPG


 


 おやっさん、もういいいや・・・。バイバイ・・・。おいおい、なんだってんだ。いきなし寂しいじゃないか?


 いいじゃん・・・。ほうら、友達も店の中にいるじゃんか?じゃあね、また来るよ。


   


しゃがむこども.JPG


  


 おや? 僕は何をしてるんだ? 何かいるのかい?


  


こどもとお母さん.JPG


 


 とかなんとか言ってる内に・・・お母さん、お子さん可愛いですね。


  


しょうこ1.JPG


 


 おんや? また迎えに来てくれたのね? 生子ちゃん!!


 


しょうこ2.JPG しょうこ3.JPG


 


 しかし・・・面白い顔だねえ・・・。いひひひひ・・・。


posted by なべじろう at 19:35| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

武蔵浦和〜ワープ〜神田〜五反田

明屋書房.JPG

神田3.JPG

神田2.JPG

神田1.JPG

らめん1.JPG

らめん2.JPG

みこし.JPG

ちょうちん.JPG

顔のシャツ2.JPG

顔のシャツや.JPG

犬のうんこ.JPG

NEC_0000.JPG

五反田1.JPG

五反田の空.JPG

五反田の空2.JPG

毛皮のコート.JPG

NEC_0035.JPG
posted by なべじろう at 23:19| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月08日

新宿放浪/携帯電話カメラ

 新宿を歩いた。若いころ新宿に住んでいたのでここらあたりは庭のようなものだ。しかし最近は新宿をじっくりと歩いたことがなかった。桜の影が爆発している。

桜の陰.JPG

 まだ桜は八部咲きだが週末には満開を迎えて、そして今週中に散ってしまうのだろう。

桜爆発.JPG

 桜の花の命は短いのだ・・・。花に命があればだが・・・。

新宿の空.JPG

 西新宿の空が裂ける・・・飛行機雲は街の空を分断した。

字路.JPG

 ほうら、乱歩の十字路と新宿東口が見えるだろう?

新宿1.JPG

 ここは昔よく遊びに来たところだ。バカボンドはどこだ?

ビルの光.JPG

 沖雅也が飛び降りたビルが光る。「おやじ 涅槃で まってる」

バガボンとおり.JPG

 おお!あった。ここだ。バカボンドだ。ん?博愛医院?

バガボンド.JPG

卒塔婆.JPG

 新宿のビル街の一角には寺があった。卒塔婆と高層ビルは同じ意味だ。

猫.JPG

 な、そうだろう。ニャー子ちゃん・・・。

タンクトラック.JPG

 ふうん・・・古い通りだ。おじさんがタバコを補充してる。

たばこやのいれかえ.JPG

 「おばあちゃん・・・ここら辺に“ときわ荘”ってアパートがありますよね?」

たばこばあちゃん.JPG

 「唐突に・・・あんた誰だね? あたしはタバコを買うから忙しいんだよ。」

ときわそう.JPG

 「え? はいはい・・・わかりました。そんなに怒らないでくださいよ。くっそ・・・ばばあめ・・・たばこ吸いすぎて死んじまえ・・・。」「ちょっと、あんた!」あ、さっきのばばあだ。「何ですか?」「あたしが住んでいるアパートがもしかしたらあんたが探している“ときわ荘”かもしれないよ。ついてきな」「はい・・・」「ほうら、ここがあたしが住んでいるアパートだよ」「あ!そうです。ここです。これがときわ荘だ!!ありがとうございます」「さっきはごめんね。ほうらタバコをあげるよ」「え?僕吸わないんですよ」「そうだろうね。タバコを吸う人間は早死にしたい奴だけだ」「僕は長生きしたくないんですが、タバコは嫌いなんです」「そうかい?じゃあね」「もしかしたら、お婆さんは僕の母かもしれませんね」「なにを言うんだい。早く行っちまいな!」「・・・」
 
なるコザか.JPG

 あの婆さんは確実に僕の母だ・・・。そういえば面影があるじゃないか。ん?ここは僕が以前勤めていた会社のビルではないか?成子坂の小山ビルではないか?時間が錯綜している。早くここから抜け出なければ逢魔ヶ時になってしまう・・・。早く早く・・・。

靴屋のおじいちゃん.JPG

 あ!おじいさん・・・。おじいさんはもしかしたら僕の父親ではありませんか?

 「以前はそうだっかもしれないよ」「逢いたかったよ。父さん!!」

 いつの間にか桜は満開を迎えてあっという間に散った。僕は今でもこの街に取り残されたままだ・・・。
posted by なべじろう at 10:23| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

母のこと(小田急相模原)/オリンパスC−3100

 母が行きつけの町医者にエコー検査を受けたら「肝臓に腫瘍があるようなので大きな病院へ行って精密検査する必要がある」と言われたらしい。なんでもコレステロール値が異常に高いのでエコー検査を受けたのだと言う。エコー検査では肝臓に水泡のような「できもの」の影が写っていたそうだ。
 相模原国立病院を紹介されたので、ここで再度、エコー、新たにCT検査を受けた。すると今度は、すい臓にも影があるということで、追加ですい臓のMRI検査も行った。今日はそのMRI検査結果の日なのだ。
 午前中に千葉の自宅を出たが、小田急相模原までは結構時間がかかる。現地に着いたのは1時近かった。結果を聞くのは1時の約束だ。大変だ。急がなければならない。不運なことに小田急相模原駅は工事中で、駅前の商店街へは遠回りしなくてはならなかった。商店街に入るとあとはまっすぐ一本道だ。でも遠い・・・。デジタルカメラのホワイトバランスもおかしくなるくらいだ。

syoutengai.JPG

 商店街には、時間に忘れ去られたような古い商店が軒を並べている。本当は肉屋で肉を購入するおじいさんを撮影したかったのだが・・・。

syoutenn.JPG

miti.JPG

 とにかく急がなければ・・・。念のために母と一緒にいるはずの妹に携帯電話から「遅れる」とメールを送った。道は僕の吐く息れで曇って、次第にぼやけていく。

byouinn.JPG

 病院だ!ここは元陸軍病院だったところだ。暗くて・・・たくさんの霊が浮遊している。

kaikei.JPG

 内科に着いたら母がいた。「世津子がお前に電話しに行った」と言う。世津子と言うのは僕の妹のことだ。駅前で「遅れる」とメールしたのが届いたのだろう。検査の結果はまだ出ていないと言う。検査結果を報告しなければならない医者が昼食に行ったきり帰ってこないというのだ。大病院なのに・・・なんということだ!!でもよかった。とりあえずは間に合ったのだ。
 戻ってきた妹が「私の代わりに医師からの話を聞いてくれ」と言うので、結果を妹の代わりに聞いた。でも医師が戻ってきたのは一時間後だった。

 医師は女性で僕たちが入ってきても書類から顔を上げようとしない。そのまま「すい臓から出ている胆汁を運ぶ“すい管”に水泡ができているが、悪いものではないような気がする」と人のことを見ないで話すので、僕は少し腹が立った。意地悪い声で僕が「すい管の水泡はがんの心配は無いのか?細胞を取って検査しなくてもいいのか」と聞くと「うちではできない。大学病院でやってもらうしかないが、今は、その必要が無いと思う」と言う。今度はこちらを向いて話すので少し安心した。「コレステロール値が高いのは肝臓が肝硬変に至る“原発性なんとか肝硬変”の可能性がある」と言う。「原発性というのはがんの場合によく聞く言葉だが、がんではないのか」と聞くと、「原発性というのはどこが元なのか不明な場合に使う言葉であって、がんなどではない」と言う。ついでに「原発性なんとか肝硬変」について説明も聞いたが忘れてしまった。

asi inu.JPG

 とりあえずは心配が無いのだ。6月まで経過を見るということでその日は終わった。すぐに東京の会社まで戻らなければならない。タクシーに乗り込むとき後ろ足が1本しかない犬を連れてある行く老人がいたのでカメラを向けたが、慌てていたのでご覧のようにブレた写真となった。
posted by なべじろう at 01:22| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月03日

船橋放浪2/ニコンD−70

 さあ、早く目的地に行かねば・・・。お、古い食堂!残念、永遠に閉まってるんだ。

38.JPG

 早くしないと陽が沈む・・・。ん? 左の建物の入り口に何かがいるぞ。

37.JPG

 なんだ・・・お前は? この家の飼い猫かい?

36.JPG

 ははは・・・。変な顔で見るなよ。

35.JPG

28.JPG

 この家はどうだ?

27.JPG

 違う。

26.JPG

25.JPG

 また海老川か・・・。あっちは海だ。

24.JPG

 すいません。おばあさんたち。太宰治の住んでいた場所はどこですか?

23.JPG

 知らない? ご存じない・・・。あ、そうですか。

20.JPG

 おい、お前は知らないか?

22.JPG

 わ、昔の匂い・・・。ここは昔かみさんが義母と一緒に生保の営業に来たところだ。

21.JPG

 人のよさそうな店のおじいさんに聞く。

18.JPG

 「太宰の家はどちらですか?」「ああ、太宰なら一時住んでいたことがある。この先のオーロラっていう洋服屋の路地を曲がるんだ」「オーロラ?」「オーロラの路地に入ったら、その先にもっと細い路地がある。太宰なら一時そこに住んでいたことがあった・・・」

19.JPG

 オーロラ・・・。これは米屋だ・・・あった!オーロラだ。ここも閉まってる。

17.JPG

16.JPG

 この先の細い路地・・・。たくさんあってわからない。僕は何度も同じ路地で迷った。しかたなく、また新聞屋で聞いた。「太宰の家? もうひとつ先の路地を曲がって10メートルくらい先に碑があるよ」「ありがとうございます・・・さっき、通った路地じゃないか?」

15.JPG

 あった!これだ。ここが太宰が住んでいた場所だ。確かに碑がある・・・。

14.JPG

 太宰さん・・・青森以来ですね。お久しぶりです。

7.JPG

 太宰さんの旧居前にこんなに普通の家があるんだ。君、太宰さんの家の前で幸せだろう?

111.JPG

 それでは太宰さん、また来ます。おうまたね・・・。ってここはさっき通ったところじゃないか?それに一度、かみさんとも来たことがある。太宰さんも人が悪い。声ぐらいかけてくれりゃいいのに・・・。

666.JPG

 船橋の夕暮れ近く・・・逢魔ヶ時・・・。さ、早く帰ろう。美空ひばりも生き返るかも・・・。

888.JPG

DSC_0042.JPG

 もうすぐ陽が暮れる・・・。早く早く・・・。

DSC_0031.JPG

 ここは原民喜が船橋中学に通った道だ・・・。

DSC_0026.JPG

DSC_0010.JPG

 夕暮れの光が道路に反射してギラギラ光っている・・・。

DSC_0009.JPG

 おじいさん、おばあさん・・・葬儀屋さんが呼んでいますね。早く帰りましょう。
posted by なべじろう at 20:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

船橋放浪/ニコンD−70

 突然、船橋に行きたくなった。どうしても気になることがあるからだ。僕は、とうとう我慢できなくなって家を出て駅に向かった。

DSC_0000.JPG

 船橋までは近い。あっという間に船橋駅に着く。船橋駅から海老川方面に歩いて行く。編物教室なんて昭和30年代に迷い込んだようだ。

52.JPG

 ほら、道端で子供たちが遊ぶ。こんな光景を見なくなっただろう?

53.JPG

51.JPG

 ガード下の風景はもう昭和だった。ガード下には路上生活者が寝そべっている。

49.JPG

48.JPG

50.JPG

 おじさん・・・大丈夫かい?

47.JPG

45.JPG

46.JPG

 ガード下を出ると、おばあちゃんが買い物の帰り。迷惑駐車はやめようね。

44.JPG

 海老川だ!目的地はもうすぐだ。

43.JPG

 橋の欄干のこりゃなんだ?

42.JPG

 彼が住んでいたのはこの辺りだろうか?この古い家が怪しいが・・・。

41.JPG

 違った!!人間は正直に生きなくてはならない・・・。教訓がマンションの看板に掲げてある。

40.JPG

39.JPG

 おや? また路地に迷い込んだぞ。

34.JPG

 と思ったらまた川だぞ・・・。

33.JPG

 しかも、もう4時だ。急がなければ・・・。

32.JPG

29.JPG

 さざんかさっちゃんと福太郎・・・ってなんだ?

30.JPG

31.jpg

 お!ボランティアの船・・・横山隆一、馬場のぼる、藤子不二雄(A)、田河水泡にちばてつや、手塚治虫・・・。漫画家ばっかりだな。さっきのさざんかさっちゃんと福太郎といい・・・このレリーフや銅像たちは一体なんなんだ?

posted by なべじろう at 18:54| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月02日

人形町〜甘酒横丁〜水天宮前は一体化/携帯電話カメラ

人形町.JPG

 昨日は朝一で人形町の広告代理店へ。総武線・浅草橋から浅草線乗り換え。秋葉原で日比谷線乗換えでもOKだったが・・・。人形町には大好きな甘酒横丁がある。水天宮前も近い。甘酒横丁の古い喫茶店。いいねえ。

甘さ家.JPG

 蔵状の建物に強い光が当たって、その前を通る人のコントラストが面白かった。

光と影.JPG

 朝の光の方がきれいな写真が撮れるようだ。ま、携帯電話カメラだからこんなもんだが、きっちりと撮れば結構いい写真が撮れるかも知れない。今度はD−70持ってきてきっちりと撮ろう。

不老.JPG

 古い街中を古紙回収のおじさんが行く。後ろから見ると、リヤカーを引っ張るおじさんが見えない。まるで人のいない通りに止まっているかのよう・・・。おじさんの悲しい人生を思うとなんだかやりきれない。余計なお世話だよね、おじさん。おじさんは結構楽しいかもね。あ、そうそう、僕ももうおじさんなんでしたね。

町並み.JPG

町並み2.JPG

 
うーん・・・古い街並みだねえ。真ん中にあるのは旅館だよ!!泊まりたいな。隣は宴会・カラオケ「Pubなんとか」の下に“うなぎ”って・・・何なの?

複雑.JPG

 昔は次から次へと建物を付け足していくからこんなに複雑な“妙な建物”ができちゃうんだね。

イタリア.JPG

 かと思うと、こんなところにイタリアレストランがあったりする。下町の古い街並みにうまく溶け込んでいる。

たばこ.JPG

 「中央区は路上喫煙禁止」なのに、堂々とタバコをふかしながら歩くおばちゃんがいた。こんなのが愛煙家の敵なのだ。愛煙家は「たばこ吸う人間は」みな仲間だと思ってるが、決まりを守らない奴が皆の足を引っ張るのだ。ま、「決まりを守らない=反逆」だと思い込んでる輩が多いのから困る。そんな奴らは「たばこ吸うと死刑」って決まれば、即止めちゃうの。なんの主張も思想も反逆もありゃしないの。ただのチンケなインチキ野郎なだけ。真の反逆ってのは「世の中の役に立てないように意味なく死ぬ」ことだぜ。生きてりゃ人殺しでもしない限り「人に役に立っちゃう」んだからな。人殺しも役に立つことあるしねって、帰社するのであった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 会社からの帰り、かみさんが途中まで迎えに来た。しかし・・・面白い顔だ。僕はこれからも、こいつだけのために生きなきゃならない。こいつにはそれだけ迷惑をかけましたからね。

しょこ3.JPG

しょこ.JPG

しょこ2.JPG

 ただいまあ・・・。
posted by なべじろう at 15:07| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月31日

秋葉原「六文そば」の紅しょうが天ぷら

6mon.JPG

 秋葉原の神田明神寄りの裏通りに「六文そば」って立ち食いそば屋さんがあります。ここの紅しょうがの天ぷらは絶品です。なぜって? そのまんま紅しょうがを揚げたものだからです。紅しょうがを天ぷらにするって発想が誰かにありますか? これをあったかいそばにトッピングしてごらんなさいませ。最初は「意外にいける」って食っちゃうけど、そのうちに紅しょうがを大量に食べている気になって胸焼けしてくる・・・。ううう辛い。けど、いつも品切れ状態だから・・・好きな人が結構いるんだろうな。
posted by なべじろう at 22:17| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月30日

池袋から大塚までのノスタルジア/携帯電話カメラ

NEC_0000.jpg

 今日は朝から大変です。昨日の夜に食いすぎておなかの調子が悪いのです。
 今日の目的地は東池袋です。K市から船橋、船橋〜錦糸町〜飯田橋〜東池袋と電車を乗り継ぎます。午前10時に有楽町線の東池袋駅に着きました。ここからサンシャインシティの中をつっきって大塚方面に向います。しかし、まだおなかが痛いのでサンシャインのトイレに入りました。途中下車でなくて途中下痢です。

 あまり臭いので花粉症のマスクを装着してみました。

 池袋は思い出深い街です。池袋駅に隣接するSデパート。ここは僕が24歳になって生まれて初めて就職したところです。その2年後にはデパートを辞めて、北大塚(池袋は近い)にあったレース鳩雑誌の編集部に入ります。その後、新宿、目黒と職を転々と変えて、3年後には再び池袋に戻ってきます。サンシャインシティの中の婚礼写真屋さんに就職したのです。しかし、ここも3ヶ月で辞めてしまいました。

 おっと、そんな話は「なべじろうの小屋」で書くことにして・・・。

 東池袋の客先を11時に出て、会社に戻ります。今日は少し足を伸ばして丸の内線の新大塚駅まで歩きました。駅までは結構遠いですよ。ようし・・・遠いついでに以前勤めていた「レース鳩雑誌」の編集部があった北大塚に行っちゃいましょう。

NEC_0004.JPG

 以前、お世話になったカメラのコーエーさんだ。まだ営業しているんだ。

NEC_0014.JPG

 僕は公園にある子供の遊具が大好き。

NEC_0018.JPG

 都会の空き地って何故か悲しいんだよね。歩いていると面白いものを目撃してしまう。

NEC_0019.JPG

 ほら、もう北大塚だ。懐かしい空蝉橋だ。

1.JPG

 この坂を降りていけばレース鳩雑誌編集部だ。
 
2.JPG

 僕は二叉路とか三叉路とかが大好き。道を選べって言われてるみたいでさ。

3.JPG


4.JPG

 おお!あった!まだあった!このビルの上に大きな鳩舎があって、その下が編集部だった。看板もある・・・さあて、そろそろ大塚駅前でホープ軒のラーメンでも食おう。

5.JPG

6.JPG

 僕はここで飛び降り自殺者の死体を見ました。血は出ていなかったけど、死んでいました。あなたたち、こんなとこで死体を見ながら昼食ですか?

7.JPG
 
 懐かしい駅前通り。全然変わっていない。ミニスカートのエロイねえちゃんたちが目につく。お勤めに出かける時間?あ、そうか。大塚は昼間の方が凄いんだよ。

8.JPG

 27歳で筆卸してもらった宝石屋さんのトルコ風呂があったところだ。

9.JPG

 大塚は何も変わっていない。昭和30年代の街みたいだ。時間が止まってるんだ。

10.JPG

 だって、都電が走る街だものね。古くて当たり前かもしれない。

11.JPG

 新大塚方面も変化なし。気分だけは20代に戻っちゃう・・・。

12.JPG


 でも・・・取り残された街って感じもする。


 さあて・・・感傷に浸っていないで急いで会社に戻ろう。
 
posted by なべじろう at 20:18| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。