2005年05月20日

湯島聖堂の昼から御成門の夜/携帯電話カメラ

sa2.JPG


 


 この間の成人病検診で「尿にたんぱくが出た」というので再検査ということになった。今日がその検査日なのだ。朝一番で尿を採り、それを指定の醤油さしみたいな容器に詰めた。




 今日は仕事で新宿に出なくてはならないので・・・新宿からの帰社途中で御茶ノ水の病院に寄ることにした。ところが仕事の帰り道・・・水道橋を過ぎた辺りであることに気がついた。Fという同僚が今日で退社するのだが、彼の送別会も今日だったのだ。ところが僕が諸々の事情があって送別会には出られないので、Fには何か“餞別”をと思っていたのだったがついつい・・・忘れていたのだった。




 そこで秋葉原まで足を伸ばしてヤマギワソフトでCDを買って彼に贈ることにした。この間出たばかりのジョン・ボーナムの新譜がいいだろうと思って棚を見たら、輸入盤と国内盤の2種類があった。迷わず両方買った。もちろん1枚は自分の分だ。CDを買って駅まで戻るのも嫌なので(近いのだが・・・)そのまま御茶ノ水まで歩くことにした。ホテル寿楽の坂を上って日立製作所の方向から御茶ノ水に向かった。




 御茶ノ水の病院に着くと大勢の男女が検査室に座っていた。彼らの会社は今日が成人病検診の日らしい。僕はよそ者のようにおずおずと受付窓口に採取した尿を差出し、「これはどうすればいいんですか?」と受付のお兄ちゃんに聞いた。すると「あそこの窓口に出してください」と言うので窓口に“採取した尿”と検査票を出した。しばらくして・・・看護婦が僕の尿を持ってきて・・・「これはまだいいから持っていてください」と言う。大勢の女性もいるのに透明なビニール容器でむき出しになった僕の朝一の尿を・・・なんてことするんだろう?




 「下の階に行ってこの紙コップに尿を入れて、朝の尿と一緒に窓口にお出しください。15分くらいで結果が出ますから、尿を採ったらまたここに戻ってきてください」と看護婦。朝一の尿だけでなく病院でも尿を採ると言われていたので、おしっこしたくても、ここまで我慢してきたのだ。おおっと・・・出ちゃう。尿を提出してもとの場所に戻っていると、検査着を着た若い女性たちが大勢やってきた。さっきの成人病検診の女性たちだ。検査着を着たその下は・・・きゃあ!パンツ一丁!うひょおおお!・・・ってあほか?




 「ワタナベさーん・・・」って「呼ばれたので診療室に入ると・・・50歳ぐらいのオヤジ医師が待っていた。「この間の成人病検診で尿にたんぱくが出たんですね? うん?朝の尿も先ほどの尿もたんぱくは出ていませんね。ま、疲れていたり、風邪をひいていたり、ごみが入ったりするとプラスと出る場合があるんですよ。ま、心配ないでしょ」・・・ふう。よかった。しっかし、いっつもこれだよ。結局何もないんだから・・・。仮病だと思われちゃうんだよ・・・ふう・・・。

 


sa3.JPG


 


 あまりにも早く終わったので、会社に帰る途中・・・湯島聖堂に寄ってみる。よく前を通るが一度も入ったことはない。15年も同じ会社にいるのにね。昼なお暗い陰鬱な林の中・・・聖堂は香港映画の決闘場所のようで・・・本当に映画のセットみたいだ。


  


sa4.JPG


 


 絵馬がたくさん掛けられていた・・・。ここには、これだけの人生があるってことだ。


  


sa5.JPG sa6.JPG


 


 ほうら・・・アベック(古いね)が拝んでる。がんばれよ!


  


sa7.JPG


  


 おお!葵の紋!徳川家だ!湯島聖堂から神田明神に寄る。生子の守り神であり、この間の神田祭のお礼を言うのだ。明神前の揚げ饅頭屋で揚げ饅頭12個を買った。生子へのお土産だ。あまった2個はフランソワ・マッキー・ジュテームとフルカワニワフ・ショスタコビッチ・マリーアへのお土産だ。あ、そのうち恩人であるアイさんにも、そのうち・・・うなぎでも奢らないと・・・いけないな。待っててね。 


   


sa8.JPG


 


 リニューアル神田明神・・・恵比寿様のわけのわからないオブジェ。


  


sa9.JPG


 


 一度会社に戻って、竹内タカイリキと御成門のクライアントへ・・・。終了後、リキと別れて僕は大門へ。途中・・・よくここら辺にきた時に昼飯を食べる中国薬膳料理屋さんだ!御成門のここは最高にうまいよ!


 


sa10.JPG


 


 大門から都営浅草線に乗って・・・そのまま北総線へ。新鎌ヶ谷のホームから夕焼けが見えた。


  


sa11.JPG


 


 以前、生子が撮影した近所に咲く花。はあ・・・月曜日は朝から大阪に出張だ。


   


sa12.JPG


posted by なべじろう at 19:25| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。